タグ別アーカイブ: nanaco

カード払いができない支払でクレジットカードのポイントを貯める裏ワザ

自動車税や住民税といった税金関係の支払いや振込票を使ってコンビニから支払わなければならない通販の利用代金など、これだけクレジットカードが普及している現代においてもカード払いができないものというのは少なからず存在します。

ポイントゲッターとしては、ある程度まとまった支払いをする時にはカードを使い、ポイントを貯めていきたいところですよね。

実はカード払いができない支払であっても、“ある方法”を使うことによってポイントを貯めることができます。そしてその方法とはズバリ、

【nanacoを利用する】

というもの。

nanacoとはご存知の通りセブンイレブンで使うことができる電子マネーなのですが、実はこのnanaco、出納代行にも利用することができるんです! つまり、税金や通販の利用代金をコンビニから振り込む際、nanacoで支払いをすることができるというわけですね。

ただし、ただ単にnanacoで支払いをするだけでは、ポイントを貯めることはできません。ではどうするのかというと、クレジットカードを使ってnanacoのチャージをするのです!

例えば支払うべき税金が5万円であった場合、まずクレジットカードでnanacoのチャージをし、そのうえでnanacoを使って税金を支払う、というわけですね。そうすればチャージ金額に応じてカードにポイントがついていきますので、実質的に見ると、税金等の支払いによってクレジットカードのポイントを貯めることができるようになる、ことになるのです。

ちなみに、nanacoのチャージができるカードについてですが、

「セブンカード・プラス」「セブンカード/アイワイカード」「クラブ・オン カード セゾン/ミレニアムカード セゾン」のほか、「JCBカード」「セゾンカード」「UCカード」「三井住友カード」「VJAグループカード」「ジャックスカード」「JP BANKカード」「DCMXカード」 「MUFGカード」「DCカード」「UFJカード」「NICOSカード」「セディナカード」「セディナCFカード」「OMCカード」「ライフカード」「NTTグループカード」が登録可能です。(執筆者:曽我部 三代)

nanacoとクレジットカードの2枚使いなら税金を安くすることができる!!

セブンイレブンで使うことができる電子マネー「nanaco」。
支払いの際にいちいち財布を出す必要がないということもあって、nanacoを使っているという方も多いのではないでしょうか。

そんなnanacoですが、実はクレジットカードと併用することによって、税金を安くすることができるのです。

nanacoにチャージできるクレジットカード

まずは、nanacoへのチャージをすることができるクレジットカードについてです。nanacoへのチャージは、以下のクレジットカードで行うことができます。

・リクルートカード(ポイント還元率1.2%)
・リクルートカードプラス(ポイント還元率2%)
・漢方スタイルクラブカード(ポイント還元率1.75%)
・楽天カード(ポイント還元率1%)
・Yahoo!JAPANカード(ポイント還元率1%)

nanaco+リクルートカードプラスで税金を実質2%OFFに

実はnanacoカードにチャージした電子マネーは、税金や国民年金の支払いにも利用することができます。

では、どうすればnanaco+クレジットカードで税金を実質割引にすることができるのでしょうか。今回は、リクルートカードプラスを使ってnanacoをチャージするときのことについて説明してみたいと思います。

まずは、カードを使ってnanacoに40,000円分のチャージをするとしましょう。すると、カード利用額40,000円×ポイント還元率2%で算出される、800ポイントが付与されることになります。

そしてnanacoカードにチャージした電子マネーを使って、税金の支払いをします。
するとポイントが貯まる分、税金が実質的に2%割引されたということになるわけです。

クレジットカードを1クッションはさむだけで税金が実質値引きされるというのは、かなりお得ですよね。(執筆者:曽我部 三代)

クレカでチャージしたnanacoでお得に納税しよう 注意点3つ

国民にとって納税は義務ですが、同じ義務を果たすのなら少しでもお得に義務を果たしたいもの。そこで今回は、お得に税金を納める方法についてご紹介いたします。

nanacoを使って納税できます

それは、電子マネーの「nanaco」を使った納税です。

方法はとっても簡単で、チャージしてあるnanacoとバーコードが印刷してある税金の振込用紙を持って、コンビニへ行きます。あとは「お願いします」とでも言っておけば手際よく店員さんが手続きをしてくれます。

振込用紙にバーコードが印刷されている税金であれば、固定資産税でも住民税でも大丈夫です。

チャージによるクレジットカードのポイントが付きます

しかし残念なことに、nanacoを使って税金を納めたとしてもnanacoポイントはたまりません。

「それじゃ何の得にもならないじゃないか」

と思った方、確かにnanacoポイントはたまりませんが、クレジットカードを使ってnanacoにチャージをすれば、クレジットカードのポイントはたまるので、これがお得ポイントです。

しかし、チャージでポイントが付かないクレジットカードもありますので、注意してください。

おすすめカードは「リクルートカードプラス」。年会費が税抜2000円かかりますが、チャージでも還元率が驚異の2%ですので、税金を多く納める予定のある方は要チェックですね。

nanacoで納税する注意点3つ

しかし、nanacoで納税する際にはいくつか注意点があります。

1. 30万円以上の税金は支払えない

まず、30万円以上の税金の場合、そもそも振込用紙にバーコードは印刷されませんので、コンビニで納税もできません。

2. チャージ金額や回数の制限がある

次に、nanacoには1枚にチャージできる上限金額、1回でチャージできる上限金額、1日にチャージできる上限回数、1か月にチャージできる上限回数が決められています。

3. 発行直後のチャージ頻度によっては制限も

そして、発行直後のクレジットカードやチャージが頻繁の場合ですと、クレジットカード自体がnanacoへのチャージを制限する場合があります。(執筆者:角野 達仁)

「漢方スタイルクラブカード」の3つの魅力 常に人気ランキング上位に納得

 クレジットカードの人気ランキングで常に上位にランクインしているカードといえば、「漢方スタイルクラブカード」です。名前を聞いたことがない人も多いかと思いますが、「薬日本堂」という会社が発行しているクレジットカードです。ここでは、なぜこのクレジットカードが人気なのかを説明します。

魅力1. 高還元率

 漢方スタイルカードでは、ショッピングで利用すると2000円あたり7ポイント獲得できます。獲得したポイントは500ポイントより特典に交換できるのですが、多くの人が利用している特典が「Jデポ」です。Jデポとは、特典分の金額がカードの利用代金から差し引かれるというものです。500ポイントで2500円分のJデポと交換できますので、還元率は1.75%となり、通常1%が相場の還元率にあって高還元率を誇ります。

魅力2. 電子マネーでのチャージでも多くのポイントがたまる

 いまや、現金と同じような使い勝手を誇るのが、電子マネーです。交通系や流通系など様々な電子マネーがありますが、ほとんどのクレジットカードでは電子マネーにチャージをしたとしてもポイントがたまらない、もしくは付与されるポイントが多くありません

 しかし漢方スタイルクラブカードは、Suica、ICOCA、nanacoという3種類の電子マネーへのチャージでポイントが付与されるのはもちろんのこと、還元率もショッピングと同じ1.75%2015年2月15日現在では1.75%なのですが、2015年6月1日からは0.25%になります。)なのです。コンビニエンスストアなどの少額の買い物が多い人は電子マネーをたくさん利用しますので、ポイントが多くつくこのクレジットカードはお得ですね。

魅力3. ANAマイレージのサブカードとして

 Jデポ以外にも様々な特典が用意されていますが、ANAマイレージクラブへの移行特典もあります。1000ポイントで3000マイルに交換できます。他のクレジットカードですと、マイルに移行する際に手数料をとられるカードが多いのですが、漢方スタイルクラブカードは移行手数料が無料です。しかもインターネットで簡単に手続きできますので、ANAのマイルをためるサブカードとしても非常に優秀です。 (執筆者:角野 達仁)