タグ別アーカイブ: 電子マネー

電子マネーと相性抜群! 年会費無料のクレジットカード3つ

最近は、電車やバスに乗るときや買物をする時など、電子マネーを利用できる機会が増えてきています。そしてクレジットカードの中には、電子マネーのチャージをする際にポイントが貯まる、電子マネーと高相性のものも存在します。

せっかく電子マネーを使うのならば、クレジットカードと連動させてお得に利用したいところですよね。そこで今回は、電子マネーと高相性で、しかも年会費無料のクレジットカードをご紹介します。

JMBローソンPontaカードVisa

JMBローソンPontaカードVisaは、電子マネーのチャージ1,000円ごとに5Pontaが還元されます(ポイント還元率0.5%)。
そしてこのカード、なんと、以下の4種類の電子マネーに対応しています。
・nanaco
・楽天Edy
・Suica
・ICOCA

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードは、
・WAON
・Suica
・iD
という3種類の電子マネーに対応しています。
そしてイオンSuicaカードを利用すれば、上記3種類の電子マネーへのチャージ200円ごとに1ポイントが付与されます。ポイント還元率はJMBローソンPontaカードVisaと同じですが、少額からでもポイントが付与されるというのは嬉しいですね。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、様々な種類があるオリコカードの中でも特に人気が高いカードです。このカードはiDとQUICPay、2種類の電子マネーに対応しているのですが、これらはどちらも後払い式の電子マネーになっています。

ポイント還元率も1%とかなり高めになっていますので、これらの電子マネーを頻繁に利用する方にはおすすめの1枚と言えます。(執筆者:曽我部 三代)

クレカでチャージしたnanacoでお得に納税しよう 注意点3つ

国民にとって納税は義務ですが、同じ義務を果たすのなら少しでもお得に義務を果たしたいもの。そこで今回は、お得に税金を納める方法についてご紹介いたします。

nanacoを使って納税できます

それは、電子マネーの「nanaco」を使った納税です。

方法はとっても簡単で、チャージしてあるnanacoとバーコードが印刷してある税金の振込用紙を持って、コンビニへ行きます。あとは「お願いします」とでも言っておけば手際よく店員さんが手続きをしてくれます。

振込用紙にバーコードが印刷されている税金であれば、固定資産税でも住民税でも大丈夫です。

チャージによるクレジットカードのポイントが付きます

しかし残念なことに、nanacoを使って税金を納めたとしてもnanacoポイントはたまりません。

「それじゃ何の得にもならないじゃないか」

と思った方、確かにnanacoポイントはたまりませんが、クレジットカードを使ってnanacoにチャージをすれば、クレジットカードのポイントはたまるので、これがお得ポイントです。

しかし、チャージでポイントが付かないクレジットカードもありますので、注意してください。

おすすめカードは「リクルートカードプラス」。年会費が税抜2000円かかりますが、チャージでも還元率が驚異の2%ですので、税金を多く納める予定のある方は要チェックですね。

nanacoで納税する注意点3つ

しかし、nanacoで納税する際にはいくつか注意点があります。

1. 30万円以上の税金は支払えない

まず、30万円以上の税金の場合、そもそも振込用紙にバーコードは印刷されませんので、コンビニで納税もできません。

2. チャージ金額や回数の制限がある

次に、nanacoには1枚にチャージできる上限金額、1回でチャージできる上限金額、1日にチャージできる上限回数、1か月にチャージできる上限回数が決められています。

3. 発行直後のチャージ頻度によっては制限も

そして、発行直後のクレジットカードやチャージが頻繁の場合ですと、クレジットカード自体がnanacoへのチャージを制限する場合があります。(執筆者:角野 達仁)

サブカートにオススメのクレジットカード 電子マネーのチャージでもポイント

 メインのクレジットカードはステイタス性やブランド重視で、サブカードはお得感重視で選びたい、という方は意外と多いようです。そこで今回は、サブカードとして持つのにおすすめのカードをご紹介させていただきます。

 サブカードとして持つのにおすすめしたいクレジットカードはズバリ、「リクルートカード」です。というのもこのカード、ポイントサービスや電子マネーサービスが非常に充実しているのです。

ポイントサービスについて

 まずポイントサービスについてですが、還元率は1.2%とかなり高めになっています。色のついていないクレジットカードでここまでの高還元率というのは、あまりないですよね。

 またリクルートカードで貯めたポイントはリクルートポイントやPontaポイントに交換することができます。ちなみにおサイフケータイにPontaポイントが貯まるように設定をしておけば、ポイント還元率が1.7倍になるようですよ。

電子マネーサービスについて

 次に電子マネーサービスについてですが、リクルートカードには電子マネー機能が付いています。これだけでも便利なのですが、このリクルートカード、なんと電子マネーのチャージでもポイントが加算されるのです(VISAブランド限定)。

 ちなみに対象となる電子マネーには楽天edyやnanaco、モバイルsuica、SMART ICOCA等様々な種類があります。edyのチャージをして1.2%のポイントが付くカードというのは他ではなかなかありませんよね。電子マネー派の方ならばかなりお得にポイントを貯めることができるかと思います。(執筆者:曽我部 三代)

「漢方スタイルクラブカード」の3つの魅力 常に人気ランキング上位に納得

 クレジットカードの人気ランキングで常に上位にランクインしているカードといえば、「漢方スタイルクラブカード」です。名前を聞いたことがない人も多いかと思いますが、「薬日本堂」という会社が発行しているクレジットカードです。ここでは、なぜこのクレジットカードが人気なのかを説明します。

魅力1. 高還元率

 漢方スタイルカードでは、ショッピングで利用すると2000円あたり7ポイント獲得できます。獲得したポイントは500ポイントより特典に交換できるのですが、多くの人が利用している特典が「Jデポ」です。Jデポとは、特典分の金額がカードの利用代金から差し引かれるというものです。500ポイントで2500円分のJデポと交換できますので、還元率は1.75%となり、通常1%が相場の還元率にあって高還元率を誇ります。

魅力2. 電子マネーでのチャージでも多くのポイントがたまる

 いまや、現金と同じような使い勝手を誇るのが、電子マネーです。交通系や流通系など様々な電子マネーがありますが、ほとんどのクレジットカードでは電子マネーにチャージをしたとしてもポイントがたまらない、もしくは付与されるポイントが多くありません

 しかし漢方スタイルクラブカードは、Suica、ICOCA、nanacoという3種類の電子マネーへのチャージでポイントが付与されるのはもちろんのこと、還元率もショッピングと同じ1.75%2015年2月15日現在では1.75%なのですが、2015年6月1日からは0.25%になります。)なのです。コンビニエンスストアなどの少額の買い物が多い人は電子マネーをたくさん利用しますので、ポイントが多くつくこのクレジットカードはお得ですね。

魅力3. ANAマイレージのサブカードとして

 Jデポ以外にも様々な特典が用意されていますが、ANAマイレージクラブへの移行特典もあります。1000ポイントで3000マイルに交換できます。他のクレジットカードですと、マイルに移行する際に手数料をとられるカードが多いのですが、漢方スタイルクラブカードは移行手数料が無料です。しかもインターネットで簡単に手続きできますので、ANAのマイルをためるサブカードとしても非常に優秀です。 (執筆者:角野 達仁)

こんなものもクレジットカードで払える! 国民年金保険料や税金、保育料や霊園管理料まで

 クレジットカードはショッピングはもちろんのこと、最近では電気や水道、ガス料金もクレジットカード払いできるところも増えてきたのは、もはや常識です。
しかし、一見クレジットカードで支払えないだろうと思っていたものまでも、実はカード払いできるのです。

電子マネーにチャージ

 その鍵となるのが「電子マネーです。

 SuicaやEdy、nanacoなどの電子マネーがありますが、電子マネーにお金をチャージ(入金)するのにクレジットカードからチャージすることも可能です。Suicaでしたら、コンビニエンスストアでの少額決済にも遠慮なく使えますし、自動販売機の商品の購入も可能なところもあります。もちろんこれで電車にも乗れますので、電子マネーを使うことで「間接的に」カード払いをしているといってもいいでしょう。

国民年金の保険料もカードでOK

 国民年金の保険料も、実はクレジットカードで支払うことができます。手続きは最寄の社会年金事務所へ足を運んで行う必要がありますが、半年前納や1年前納にすれば、毎月納付書を使って払い込むよりも保険料がお安くなります

Yahoo!公金支払いを使えばさらに広がる

 サラリーマンだから国民年金は自分で払っていないし、電子マネーは持っていないがクレジットカードで払えるものは払いたい、そんな人には「Yahoo!公金支払い」がおすすめです。

 これはYahoo!JAPANが提供しているサービスで、全国の様々な税金や料金の類をクレジットカードで支払えるものです。住民税や固定資産税などはもちろん、介護保険料や保育料、霊園の管理料や市営住宅の使用料まで支払えるところもあります

利用方法

(1) 利用方法ですが、まずは税金や料金の納付書を用意して、それがYahoo!公金支払いで支払い可能かどうかをチェックします。

(2) 支払い可能であれば、Yahoo!公金支払いのページに年度や課税番号の必要事項ももれなく入力してください。

(3) 間違えや入力漏れがないかを確認したら、次は支払いに使うクレジットカード情報を入力して、最後に「支払う」ボタンを押せば完了です。

 後日、地方公共団体などから領収書や証明書が郵送されますので安心してください。Yahoo!JAPANのIDでログインしていれば、支払いの一部を保有しているTポイントで支払うことも可能です。(執筆者:角野 達仁)