タグ別アーカイブ: 限度額

クレジットカードの限度額引き上げを成功させるコツ

 一時的にせよそうでないにせよクレジットカードの限度額を引き上げたいという場合、カード会社に対してその旨を申し込む必要があります。そしてカード会社による審査に通って初めて、カードの限度額が引き上げられることになります。

 では、カードの限度額引き上げを成功させるには、どうすればいいのでしょうか?

カードの利用実績を作っておく

 限度額引き上げの可否を判断するにあたっては、その人にどのくらいの信用があるのかということが重要になってきます。そしてその“信用”の判断において重要なポイントとなるのが、カードの利用実績なのです。

 考えてみれば、カードの利用実績がほとんどないという人からいきなり限度額増額の申し込みをされると、カード会社としてもかなり警戒してしまいますよね。カード会社によっても異なりますが、半年程度、遅延は不正利用といったトラブルを起こすことなくカードを利用していれば、限度額の引き上げに成功しやすくなるようですよ。

使っていないカードは解約しておく

 限度額引き上げを成功させるには、使っていないカードを解約しておく、というのもおすすめです。

 というのもクレジットカードというのはただ単に所有しているだけで総与信がマイナスされてしまうことがあるのです。特にキャッシング枠がついているクレジットカードは要注意ですので、使っていないカードがあるという場合には、予め解約しておくようにしましょう。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカードの限度額を上げる際の注意点

 クレジットカードには「限度額」というものが設定されており、その限度額内であれば何度でも、自由に利用することができます。そしてこの限度額ですが、現在設定されている額から引き上げることも可能です。

 ただしクレジットカードの限度額を引き上げるにあたっては、注意しなければならない点があります。

 それは、クレジットカードは計画的に利用し、無理な利用はしない、ということです。当たり前ですが、クレジットカードの利用額は、翌月以降に支払っていかなければなりません。

 そのため限度額が上がったからといって収入に見合わない買物をしたり無計画にクレジットカードを利用したりしていると、利用額の支払いができずカードを止められてしまう、という可能性もあります

 そして支払いの遅延が何度か続くと、信用情報機関にその情報が登録されてどこでもカードを作ることができない、なんてことにもなりかねません(いわゆるブラックリスト入りですね)。

 海外旅行に行ったときに使うために限度額を上げたい、など、カードの利用目的がはっきりとしている場合には一時的に限度額を引き上げるということもできますので、カードを使いすぎてしまわないか不安という方は、一時的な限度額の引き上げをおすすめします。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカードの限度額(極度額)が高すぎるとどんなデメリットがあるの?

 クレジットカードには限度額(極度額)が設定されており、限度額以上に利用することはできません。海外旅行の際など、多くのお金を使うのが予想されそうなときには、一時的に限度額を上げてもらえます。そうでなくても、普通に利用していてちゃんと返済していれば、自動的にクレジットカードの限度額は上がっていくものです。クレジットカードの限度額が多いに越したことはないと思われますが、そうとも限りません

クレジットカードの限度額が多くても金利は優遇されない

 確かに、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンは、限度額が多ければ多いほど適用金利が低くなるケースが多いです。しかし、クレジットカードのキャッシングは限度額に関係なく適用金利は一定ですので、関係ありません。ショッピングでリボ払いをしたとしても、限度額が多ければその金利も低くなるということはありません。

セキュリティ上の不安

 それよりも、限度額を多くしておくと万が一のときに不安を感じてしまいます。クレジットカードをなくしたり盗まれたり、あるいは情報を盗み取られたりして不正利用されるケースが考えられます。

 限度額が少なければある程度の歯止めも可能ですが、限度額が多いとその限度額いっぱいまで使われてしまい、大損してしまいます。もちろん、不正利用された分はカード会社が補償してくれるケースがほとんどですが、それでもカード会社にとっては損ですので、必要以上の限度額は必要ないかもしれません。

キャッシング枠は与信に影響

 キャッシング枠を設定しているクレジットカードの場合、今後のほかの審査に影響を及ぼしかねません。キャッシング枠は、お金に困ったときなどにお金を借りられる便利な枠ですが、住宅ローンの審査を考えている方は気をつけましょう

 クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融でお金を借りているのと同じような扱いですので、住宅ローンを提供している銀行によってはそれだけで審査に悪影響を及ぼす場合もあります。住宅ローンを控えている方でキャッシング枠を使っていないのでしたら、キャッシング枠を「0円」にすることをおすすめします。

 枚数や枠の額は金融機関によって差がありますので一概には言えませんが、住宅ローンを検討している際は、カードの枚数は1枚から3枚くらいがいいと言われています。所有枚数が5枚以上ですと、「枚数×限度額」の分だけ借金リスクが増えることになりますので。だからといって1枚も持っていないと、カードを作れない事情があるのかと勘繰られてしまいます。

 「枠」については、これは年収と住宅ローンで融資してほしい金額によっても変わります。ここでキーとなるのが「返済負担率」で、年収に占める借金返済の割合を示したパーセンテージです。25パーセントから30パーセント程度までなら大丈夫といわれています。年収500万円で住宅ローンが年100万円、クレジットカードのキャッシングが年20万円だとすると、500万分の120万ですので、24パーセントとなりセーフです。30パーセント以上ですと厳しいかもしれません。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカード利用明細の見方 後悔しないための4つのチェックポイント

昔は、クレジットカードの利用明細は毎回郵送で送られたものでした。最近では、インターネットから利用明細を確認する人も増えてきています。しかし、紙であろうとオンラインであろうと利用明細に書かれていることはほぼ同じであり、明細の見方における注意点も同じです。

1. 身に覚えのない請求はないか

 最近、クレジットカードの不正利用による被害が増えています。クレジットカードの情報を盗み取る「スキミング」が増えているためですが、ほとんどのクレジットカードには不正利用に対する補償をしてくれますので、クレジットカードの所有者がお金を支払う義務はありません。しかし、その補償は不正利用があってから60日以内にカード会社に申請する必要があります。明細を見ずに放っておくと、不正利用を見逃す結果になりますので必ずチェックしましょう。

2. ポイントの確認

 クレジットカードを利用するとポイントがたまるカードがほとんどですが、ポイントは利用明細書にも記載されています。利用明細には、現在のポイント総数はもちろんのこと、有効期限を迎えるポイント分もしっかりと記されています。期限切れになる前にポイントをしっかりと確認しましょう

3. 限度額を確認

 クレジットカードには限度額があります。通常のショッピングで利用できる分は「ショッピング枠」、クレジットカードを使ってお金を借りることができる分は「キャッシング枠」となっています。

 ここで気をつけたいのはその記載事項の解釈であり、例えば「ショッピング枠30万円、キャッシング枠30万円」と書かれていたとしましょう。このように書かれていると「合計60万円使えるんだ」と思い込んでしまう人がいますが、それは間違いです。この場合、ショッピングとキャッシングの合計で30万円まで使えるという意味です。

4. キャンペーンをチェック

 利用明細には、その他お得情報も記載されています。「この期間にカードを利用するとポイントが多くたまる」などのキャンペーン情報や優待情報も書かれていますので、忘れずにチェックしましょう。(執筆者:角野 達仁)