タグ別アーカイブ: 利用明細

「ご利用明細書」はただ捨てるだけじゃもったいない!

クレジットカードを利用すると自宅に送られてくる「ご利用明細書」

毎回中身を確認せずに捨てていませんか?

今回は、いつも捨てちゃう「ご利用明細書」についてお得な情報をご紹介します。

利用明細書は個人情報のオンパレード! 捨てるときは気を付けよう

まず気をつけたいのは、ご利用明細書の捨て方。クレジットカードの利用明細には名前や住所だけでなく、カードを使った飲食店、通販サイトや泊まったホテルまで情報が載っています。

カードの限度枠も表示されていることがあるので、廃棄する際にはシュレッダーにかけるなど気をつけましょう

ネット明細を活用しよう!

ご利用明細書を捨てる時にどうしても怖い…という方には「ネット明細」がおすすめです。

最近はほとんどのカード会社で、利用明細書をインターネットで閲覧できるようになっています。基本がネット明細で、紙の郵送の場合は有料なカードも増えてきました。

郵送で送られてくるのをやめてネット明細にしてしまえば、個人情報の面で安心です。

おすすめは「利用明細をネット確認にすると特典があるカード」です!

たとえば、

イオンカード、ビューカード…Web明細にすると、請求のあった月にはポイントがもらえます。

TOP&カード…東急グループ以外のお店でポイントがたまるようになります。

出光カード…毎月最大300円キャッシュバック。

など、調べてみると特典があることも。

利用明細の確認方法を変えるだけでポイントが多く付くのなら、変えたほうがお得ですよね。

家計の管理だって楽々

ネット明細は「PDFデータ」や「CSVデータ」でのダウンロードが可能な場合が多く、パソコンに保存しておくことが可能です。

特にCSVデータで保存し、エクセルで管理すれば毎月いくら、どこで使っているか月を追って見ていくことができ、家計簿代わりに使っても便利です。(執筆者:小山 菜々恵)

今年こそは貯金をしたい! そんなあなたにはカード払いがおすすめ

「お金を貯める」って、なかなか難しいですよね。皆様の中にも、「今年こそは貯金する」と年始に目標を立てたはいいものの、もう忘れかけてしまっている…、なんて方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもお金がたまらない最大の原因は、「いくら使っているのか」ということを正しく把握できていないところにあります。つまり着実にお金を貯めていくにはまず、「自分が毎月いくら使っているのか」ということをきちんと把握することが大切なわけですね。

そこでおすすめしたいのが、日常生活における支払いのうち、可能なものは全てカード払いにする、ということです。

最近はほぼ全てのカード会社において、いつ、どこで、何を購入していくら使ったのか、ということを利用明細から確認することができるようになっています。

つまり、カードの利用明細を“お小遣い帳代わり”にすることができるというわけですね。

またクレジットカードの中には、カードを利用する度に「利用速報」がメールされてくるものもあります。こういったサービスを利用するとお金を使った時に必ずメールが送られてくるため、「自分がいかに無駄な買い物をしているのか」ということを見直すこともできます。

クレジットカードというと「無駄遣いをしてしまいがち」なんてイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実はクレジットカードは、着実にお金を貯めるためのツールとして使うこともできるのです。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカード利用明細の見方 後悔しないための4つのチェックポイント

昔は、クレジットカードの利用明細は毎回郵送で送られたものでした。最近では、インターネットから利用明細を確認する人も増えてきています。しかし、紙であろうとオンラインであろうと利用明細に書かれていることはほぼ同じであり、明細の見方における注意点も同じです。

1. 身に覚えのない請求はないか

 最近、クレジットカードの不正利用による被害が増えています。クレジットカードの情報を盗み取る「スキミング」が増えているためですが、ほとんどのクレジットカードには不正利用に対する補償をしてくれますので、クレジットカードの所有者がお金を支払う義務はありません。しかし、その補償は不正利用があってから60日以内にカード会社に申請する必要があります。明細を見ずに放っておくと、不正利用を見逃す結果になりますので必ずチェックしましょう。

2. ポイントの確認

 クレジットカードを利用するとポイントがたまるカードがほとんどですが、ポイントは利用明細書にも記載されています。利用明細には、現在のポイント総数はもちろんのこと、有効期限を迎えるポイント分もしっかりと記されています。期限切れになる前にポイントをしっかりと確認しましょう

3. 限度額を確認

 クレジットカードには限度額があります。通常のショッピングで利用できる分は「ショッピング枠」、クレジットカードを使ってお金を借りることができる分は「キャッシング枠」となっています。

 ここで気をつけたいのはその記載事項の解釈であり、例えば「ショッピング枠30万円、キャッシング枠30万円」と書かれていたとしましょう。このように書かれていると「合計60万円使えるんだ」と思い込んでしまう人がいますが、それは間違いです。この場合、ショッピングとキャッシングの合計で30万円まで使えるという意味です。

4. キャンペーンをチェック

 利用明細には、その他お得情報も記載されています。「この期間にカードを利用するとポイントが多くたまる」などのキャンペーン情報や優待情報も書かれていますので、忘れずにチェックしましょう。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカードを使いすぎないようにするために覚えておきたい、3つの方法

 ポイントを貯めたり、会員限定割引を受けたりすることができるクレジットカード。とても便利なツールではありますが、中には「ついつい使いすぎてしまったらどうしよう」という不安があって、クレジットカードの申し込みに踏み切れない、という方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、クレジットカートの使いすぎを防ぐ3つの方法について、ご紹介させていただきます。

1. 利用明細書をチェックする

 クレジットカードの使い過ぎを防ぐために最も大切なのは、利用明細をチェックする、ということです。

 利用明細書を毎月チェックすることで、自分がどのくらいカードを使っているのかということはもちろん、来月の引き落とし額がいくらなのか、といった情報をきちんと把握することができるからです。

 ちなみにある機関が行った調査によると、収入が少ない人ほど、カード会社から届く利用明細書が入った封書を開封しない傾向にあるのだそうですよ。

2. 支払いは1回で

 カードの使い過ぎを防ぐためには、支払回数にも気をつけましょう。

 クレジットカードの支払いをすることができないという方の多くは、分割払いやリボ払いの残高がどんどん膨らんでいる、というパターンに陥っています。「クレジットカードはポイントを貯めるためのもので分割払いをするためのものではない」というくらいの気持ちでいることで、うっかり使いすぎてしまう、ということを防ぐことができます。

3. 利用限度額を引き下げる

 カードの使い過ぎを防ぐためには、利用限度額を引き下げてしまう、という方法もおすすめです。利用限度額を引き下げてしまえば必然的にその金額以上の買い物をすることはできませんので、強制的に使い過ぎをストップさせることができるのです。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカードのアプリ活用術 三井住友カードの「Vpassアプリ」

 スマートフォンが普及したことで、色々なアプリが登場してきました。皆様の中にもスマホのアプリをダウンロードして、ゲームや画像編集を楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか。

 今や我々の生活と密接に関わっているスマホのアプリですが、実はクレジットカードも、アプリを使いこなすことによってさらに便利に、しかもお得に活用することができるのです。

 例えば三井住友カードには「Vpassアプリ」というものがあるのですが、このアプリをダウンロードすると、支払金額やポイント残高をいつでも確認することができます。そうすると現在のカード利用額をいつでも確認できるため、常にカードの利用状況を把握して“うっかり使いすぎてしまう”ということを防ぐことができるのです。

 また「Vpassアプリ」には、お得なキャンペーン情報をプッシュ機能で通知してくれる機能もあります。カード会社からのメールって、ついつい読むのを後回しにして、お得な情報を見逃してしまいがちですよね。この点、アプリをダウンロードしておけばお得な情報が配信された時点でスマホの画面に表示されるため、お得情報を見逃してしまうということがないのです。

 カードの利用情報をはじめとしてお金の出入りに関する状況を把握しておくことはとても大切ですので、ぜひアプリをダウンロードして、活用してみてくださいね。(執筆者:曽我部 三代)