タグ別アーカイブ: 保険

女子にうれしいクレジットカード「楽天PINKカード」が誕生!

男性よりも女性の方が家計を握っているケースが多く、女性の方が好奇心旺盛といわれています。クレジットカード会社各社も、女性顧客の獲得に向けあの手この手を打っていますが、楽天カードも黙ってはいません。このたび楽天カードから「楽天PINKカード」が登場したのですから。

女性にうれしいサービスが割引になる

PINKカードといっても、決して男性がいかがわしいサービスを受けるためのカードではありません。

楽天PINKカードは、楽天カードが送る女性専用のクレジットカードです。年会費永年無料はノーマルな楽天カードと同じですが、券面がピンク色になっている点が大きく異なります。

もちろん、ただ券面がピンクなだけでは女性の心を掴めるわけもありません。女性のハートを鷲掴みにすべく、楽天PINKカードには女性にうれしいお得なオプションサービスがついています

月額324円で、楽天市場でのパンテーン商品購入が10%OFFになったり、楽天ビューティーから美容院やサロンのネット予約をすると200ポイントプレゼントされたりします。

また別途月額324円支払うことで、楽天グループ以外のサービスも優待が受けられ、女子力を上げるのにマストなABCクッキングスタジオの入会金が6480円OFFになったり、リラックスに欠かせない「ラフィネ」のギフトカードが310円OFFになったりします。

しかも9月末まで、月額324円が無料になるキャンペーンも実施中なのです。

女性にうれしい保険の手厚い補償

女性のライフスタイルの変化に合わせて、保険もしっかり掛けておきたいところですが、楽天PINKカードを持っていれば月々わずかの掛け金で手厚い補償が受けられます

例えば、乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気に対しての補償が月額わずか30円から、日常生活でのけがや病気による入院に対しては月額わずか240円でしっかりとサポートしてくれます。

通常月額324円かかるお得なサービスが、9月末まで無料で受けられるのですから、楽天PINKカードへの加入は急いだ方がいいかもしれませんね。(執筆者:角野 達仁)

楽天ユーザーの必見! 新たに誕生した「楽天PINKカード」とは!?

2015年5月19日、楽天カードから女性向けのクレジットカード「楽天PINKカード」がリリースされました。

まだまだ始まったばかりの楽天PINKカード、興味はあるけれどどんなサービスがあるかわからないから手を出せないでいる、という方も多いのではないかと思います。そこで今回は、楽天PINKカードのサービス内容についてご紹介させていただきます!

楽天PINKカードのサービス内容

まずは多くの方が興味を持っているであろう楽天PINKカードのサービス内容についてですが、こちらは基本的に、通常の楽天カードと大差ないようです。年会費・年会費無料というのはもちろん、ポイント還元率やETCカードの扱いについても同じです。

特徴的なのはカスタマイズサービス

サービス内容については通常の楽天カードと同じ楽天PINKカードですが、カスタマイズサービスの面に、特徴があるようです。

というのもこのカード、月額一定の料金を支払うことによって、様々なサービスを享受することができるのです。

例えば「楽天グループ優待サービス」では月額300円で楽天トラベルや楽天24の割引クーポンがもらえますし、ライフスタイル応援サービスでは、月額300円で趣味や介護・育自サービス、習い事など11万点以上の割引特典や優待特典を享受することができます。

更に楽天PINKカード会員は、月額30円から女性のための保険に加入することも可能です。

女性に嬉しい魅力が詰まったカード、楽天市場を頻繁に利用するという方は、通常の楽天カードから楽天PINKカードへの切り替えを検討してみてもいいかもしれません。(執筆者:曽我部 三代)

カード付帯の「海外旅行傷害保険」 押さえておきべき注意点

海外旅行には予期せぬことがつきもの。ちょっとしたハプニングとして楽しめればいいのですが、骨折や入院、手術となると楽しむどころではありません。

未然に防げればそれに越したことはありませんが、そうなってしまった場合に備えてクレジットカードの海外旅行傷害保険をチェックしておきましょう。

無料でついてくる保険

海外旅行傷害保険といえば、空港に保険会社のオフィスがあってそこで保険に加入している人を見かけます。

決して安くはない保険の掛け金ですが、クレジットカードに付帯している保険なら無料でついてきます。それでいてそれなりに補償内容も充実しているのですから、お手持ちのカードに保険が付帯しているかをまず確認しましょう。

「旅行」じゃなくても使える

「海外旅行傷害保険」と名前はついていますが、クレジットカードについている保険は「旅行」だけにしか使えないわけではありません。短期で語学留学に行くときや、仕事で外国に短期出張に行くときなどでも、「海外旅行傷害保険」は使えるのです。

ただし、海外旅行傷害保険の有効期間は原則90日であり、それを超える長期旅行や長期留学、長期駐在などでは別途保険に加入しなければなりませんので、注意しましょう。

複数枚持っていれば合算できる

今では、年会費が無料のクレジットカードにも海外旅行傷害保険が付帯している時代です。年会費無料ならば何枚も発行しておきたいところですが、ここで注意点があります。

保険にはいくつかの補償内容があるのですが、そのうち「死亡・後遺障害」に該当するケースでは、保険付帯のカードを何枚持っていても、実際に保険金が支払われるのはそのうち最高額の補償をしているカードのみです。

一方、死亡・後遺障害以外の補償内容でしたら、複数枚のクレジットカードの保険金を合算して受け取ることができます

海外での治療費、損壊した携行品の修理費用は結構高くつくものです。転ばぬ先の杖として、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカード、ぜひ持っておきたいですね。(執筆者:角野 達仁)

利用付帯と自動付帯の違い 保険期間を最長で180日にまで延長する裏ワザ

 クレジットカードの中には、海外旅行保険が付帯しているものがあります。ところでこの海外旅行保険、「自動付帯」と「利用付帯」とに分かれているということをご存知ですか?

 「自動付帯」とはその名の通り、特に何らかの手続きをしなくても、ただカードを持っているだけで海外旅行保険が付帯するという状態を意味します。そのため海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードを持っている方は、海外旅行に出発するだけで保険に入ってしまっている、というわけですね。

 これに対して「利用付帯」とは、クレジットカードを使って旅行代金の決済をすることで初めて、海外旅行保険が付帯するという状態を意味します。つまり海外旅行保険が「利用付帯」となっているクレジットカードの場合、海外旅行に出かけるだけでは保険に入っているということにならず、旅行代金をカードで決済して初めて、海外旅行保険が適用されることになるのです。

 このように聞くと自動付帯の方が良さそうな気がしてきますが、そんなことはありません。というのも利用付帯タイプのクレジットカードを利用すると、通常90日間の保険期間を最長で180日にまで延長することができるのです。

 ちょっとわかりにくいので具体的に説明しますと、まず、海外旅行が自動付帯されているクレジットカードの保険を利用して、海外で90日間過ごします。そして91日目に海外旅行保険が利用付帯されているカードでそれ以降の旅行代金を決済します。すると91日目から最高で90日間、そのカードの海外旅行保険が適用されるのです。

 自動付帯と利用付帯は、その特徴を理解して使い分けることでよりお得になるというわけですね。(執筆者:曽我部 三代)

女性が持つと得するカード 「女性特定がん保険」に月額30円から加入できる等

 デパートやレストラン、カフェなど、最近は様々な施設で女性向けのお得なサービスが提供されていますね。実はクレジットカードの中にも、女性にとって嬉しいお得なサービスが提供されているものがあるのです。

JCB LINDAカード

 JCB LINDAカード(年会費無料)は、JCBが発行している女性向けのクレジットカードです。このカード最大の特徴は、選べる保険お守りリンダ」に格安料金で加入することができるという点です。

 例えば手術保険金50万円が保証されている「女性特定がん保険」には、月額30円から加入することができます。またこの他にも選べる保険お守りリンダには天災限定傷害保険(月払掛金60円)や犯罪被害補償(月払掛金100円)、傷害入院保障(月払掛金390円)などがあり、ライフスタイルに合わせてお好みの保険をセレクトすることができます。

三井住友VISA アミティエカード

 アミティエカードは、女子学生向けに発行されているカードです。このカードで携帯電話やPHSの利用料金の支払いをした場合、ポイントが2倍になります。また在学中は年会費無料というのも、学生にとっては嬉しいポイントですよね。

 さらにアミティエカードはカードを持っているだけで海外旅行傷害保険が付きますので、頻繁に海外旅行に行くという方はこのカードを持っていると安心です。(執筆者:曽我部 三代)

学生が持つべきカード 在学中入会や卒業でマイルをゲット

 最近は様々な会社で学生向けのサービスが提供されていますが、実はクレジットカードの中にも、学生向けのサービスが提供されているものがあります。せっかく学生をしているのですから、そのサービスは最大限に享受しなければもったいないですよね!? そこで今回は、学生が持つのにおすすめのカードをご紹介させていただきます。

三井住友クラシックカード

 まずは、三井住友クラシックカードについてです。こちらのカード、ポイント還元率は0.3%と特別高いわけではないのですが、その他のサービスが非常に充実しています。

 というのもこのカード、数あるクレジットカードの中でもかなり珍しいスポーツ保険」がついているのです。また海外旅行保険では最高2,000万円までの補償を受けることができるショッピング保険(90日/100万円)もあり。さらに追加年会費250円を支払えば、国内保険をつけることも可能です。

 このカードを持っていれば、安心してスノボーに行ったり、旅行に出かけたりすることができますね

ANA VISAカード(学生)

 こちらは、ANAが発行する学生向けのクレジットカードです。そしてこのカードには、在学中年会費無料や入会で1,000マイルGET、翌年以降もカードを継続すると継続マイル(1,000マイル)GET、卒業に際しては卒業マイルGET、というように、“マイラー”には非常に嬉しいサービスが提供されているのです。

 またANA VISAカードには標準でEdy機能が搭載されていて、Edyで支払いをした場合には、200円につき1マイルが貯まります。効率よくマイルを貯めたいという学生さんには、このカードを強くお勧めします。(執筆者:曽我部 三代)

ステイタスだけじゃない こんなに魅力的なゴールドカードのサービス4つ

 財布の中できらりと輝くクレジットカード、それはゴールドカードです。かつては高嶺の花だったゴールドカードも、今ではずいぶんと手が届くようになりました。しかし、ゴールドカードを持っていると様々なサービスがあるのは事実です。

空港ラウンジが使える

 ゴールドカードの代表的なサービスといえば、国内主要空港のラウンジが無料で使用できることです。国際空港の場合には、出国審査をする前のエリアにラウンジはあります。ソフトドリンクは飲み放題、快適なソファーに新聞や雑誌など、出発前のひと時を優雅に過ごしていただけます。

専用のデスク

 クレジットカード会社によっては、ゴールドカードの会員専用のデスクを設置しているところもあります。旅先で演劇鑑賞をしたい場合や有名レストランで食事をしたい場合など、デスクに相談をするとチケットの手配やレストランの予約をしてくれます。まるで、自分専用のコンシェルジュがついたかのようです。

旅行傷害保険

 ノーマルカードでも旅行傷害保険が付帯しているケースは増えてきていますが、あまりその補償は手厚くありません。しかし、ゴールドカードに付帯している旅行傷害保険であれば、国内、国外でも対応しており、補償される金額もノーマルカードのゆうに2倍はあります。ノーマルカードではカードを使わないと保険が付帯されないケースもありますが、ゴールドカードでは旅行傷害保険はほとんど自動付帯です。

医療相談サービス

 あまり知られていないサービスですが、ゴールドカードの会員になると、「医療無料電話相談サービス」が受けられるカードも多いものです。クレジットカード各社とも、24時間体制で相談を受け付けていますので、「お子さんが夜に急に熱を出してしまった」といった急を要するときでも対応可能です。

 それ以外にも、「最近からだの調子がいまいちだ」というような文字通りの健康相談をしても構いませんし、介護保険について知りたいときなどにも使える、安心かつ充実のサービスです。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカードを複数持つメリットとは

 みなさんはクレジットカードを何枚所持しているでしょうか。クレジットカードにはそれぞれ様々な特典が付いていることを知っていますか。クレジットカードを複数持つことは、その持っているカードの特典を全て受けることが出来るのです。複数のカードを持つことによるメリットと、上手な使い方を紹介したいと思います。

 まず、クレジットの大前提として、カード会社に加盟しているお店でしかそのカードを使えないというものがあります。特に海外に行くことがある人にはクレジットが使用できないといったトラブルが多いのではないでしょうか。そういったトラブルを避けるためにいくつかのクレジット会社で複数のカードを作る方が多いようです。

 また、カードは会社によってポイントの還元率や付帯する保険、割引の対象となるなどの特典が存在します。この特典はカードを持っているだけでも受けることが出来るものが多いので、普段使いのカードとは別にサブカードとしてこういったカードを選ぶ方もいるようです。

 ごく一部の例を紹介しましたが、クレジットカードに付く特典などは本当に様々なものがあります。自分の生活スタイルに合ったカードを見つけて、賢く暮らしていきたいものです。

クレジットカードを複数持つのはお得?

 今の社会ではクレジットカードは絶対必要なものでしょう。周囲にカードを持っている人は沢山見ることが出来ると思いますし、実際に持っている方も多いでしょう。では、クレジットカードを複数枚所持している方はどれだけいるでしょうか。

 複数持つ意味はあるのか、という疑問を持つ方もいると思いますが、複数のカードを使い分けることは実はとてもお得な使い方なんです。それではクレジットカードを複数持つ人の一般的な使い分け方を考えてみましょう。

 まず始めにメインに使うカードです。これは、普段よく行くお店が加盟している会社のカードだったり、ポイントが貯まりやすいカードだったりします。つまりは、通常の使い方をするカードとなります。

 そして、そのほかにサブのカードを持ちます。これは、持っているだけでその恩恵が得られるカードがよく使われます。

 例えば各種割引や保険のサービスを受けられるなどが代表的です。もしくは、普段使いのカード会社に加盟していない店舗で買い物をする必要が出来た際に使用する、などです。

 クレジットカードに付加される特典などは会社によってそれぞれですし、この他にもお得な使い方は沢山あるでしょう。しっかりリサーチをして、自分の生活に合ったお得なカード利用を見つけていきましょう。