タグ別アーカイブ: リクルートカード

リクルートカードは「Pontaポイント」と相互交換で魅力倍増へ

2013年に発行を開始した「リクルートカード」は、良く広告なども出てきて目にすることはあっても、どういうカードなのか知らない、という方は多いのでは?

今回は「リクルートカード」のお得な活用法についてご紹介。

リクルート系のサービスを良く使う人にはとてもお得なカード!

あまり意識して使っていないかもしれませんが、リクルートが運営するサービスはたくさんあります

「じゃらんnet」は言わずと知れた宿の予約サイト、またお得なチケットを販売する「ポンパレモール」や「ホットペッパー」、「ホットペッパービューティー」これらはすべて「リクルートポイント」の貯まる、使えるサイトです。

リクルートカードは、加盟店で使えば使うほど、このリクルートポイントが貯まるカードです。

ポイントは「じゃらんnet」でホテルの予約をするとき、「ホットペッパービューティー」で美容院の予約をするときなどに、利用代金からの割引に使うことができます。普段からこれらのサービスを利用している人には大変頼もしいカードですね。

還元率の高い「リクルートカードプラス」もおすすめ。

年会費無料のリクルートカードはポイント還元率が1.2%なのに比べ、年会費が2,000円の「リクルートカードプラス」はなんとポイント還元率が2.0%と倍近くの率になっています。

カードの利用が元々多い人の場合、年会費を支払ったとしても十分に元が取れるでしょう。

「Ponta」とのポイント交換でもっと便利に

リクルートポイントの使い道は限られていたため、リクルート系のサービスを利用していない人にとっては魅力がないのでは、と思われるかもしれませんが、リクルートポイントは「Pontaポイント」と相互交換が可能になりましたこれで、貯まったポイントはローソンやAOKI、HMVなどさまざまなお店で使えるようになり、一気に利便性はアップしました

ポイントが貯まりやすく、使えるお店も多い「リクルートカード」今回出てきたサービスやお店を良く使う方であれば、申し込みを検討してみても良いかもしれません。
(執筆者:小山 菜々恵)

使えないポイントを貯めるのはもうやめよう!!

クレジットカードを利用するメリットといえばやはり、利用額に応じてポイントが貯まること、ですよね。実際皆様の中にも、ポイント還元率が高いカードを選んで入会した、という方が多いのではないでしょうか。

もちろんポイント還元率というのはカード選びをするうえでとても重要なポイントなのですが、だからといって、ポイントならば何でもいい、というわけでもありません。

というのもポイントの中には、あまり使えない、もっと言えば、質の悪いものもあるのです。

使い道が限られているポイントはダメ

クレジットカードを使って貯まるポイントの中には、その使い道が非常に制限されているものがあります。

例えばリクルートカードですが、このカード、ポイント還元率は1.2%から2%と非常に優秀なのですが、貯まった「リクルートポイント」はポンパレモールやじゃらんnetといった、リクルート系のサービスでしか利用することができません

そのため人によっては、ポイントを貯めたはいいけれど使い道がない、何てことにもなりかねないのです。

交換単位が大きすぎるのも考えもの

次に交換単位についてですが、クレジットカードの中には、貯まったポイントの交換単位が大きいものが存在します。いくらポイント還元率が良くても、ある程度の金額を利用しなければポイントを利用することができない、というのではあまり意味がありませんよね。

有効期限も大事です!!

多くのクレジットカードには、貯まったポイントについて有効期限が設けられています。そのためクレジットカード選びをする際は、ポイントの有効期限についても必ずチェックしておきましょう。

有効期限が最低でも3年以上あるカードを選んでおけば、ゆっくりとポイントを貯めていくことができますよ。(執筆者:曽我部 三代)

サブカートにオススメのクレジットカード 電子マネーのチャージでもポイント

 メインのクレジットカードはステイタス性やブランド重視で、サブカードはお得感重視で選びたい、という方は意外と多いようです。そこで今回は、サブカードとして持つのにおすすめのカードをご紹介させていただきます。

 サブカードとして持つのにおすすめしたいクレジットカードはズバリ、「リクルートカード」です。というのもこのカード、ポイントサービスや電子マネーサービスが非常に充実しているのです。

ポイントサービスについて

 まずポイントサービスについてですが、還元率は1.2%とかなり高めになっています。色のついていないクレジットカードでここまでの高還元率というのは、あまりないですよね。

 またリクルートカードで貯めたポイントはリクルートポイントやPontaポイントに交換することができます。ちなみにおサイフケータイにPontaポイントが貯まるように設定をしておけば、ポイント還元率が1.7倍になるようですよ。

電子マネーサービスについて

 次に電子マネーサービスについてですが、リクルートカードには電子マネー機能が付いています。これだけでも便利なのですが、このリクルートカード、なんと電子マネーのチャージでもポイントが加算されるのです(VISAブランド限定)。

 ちなみに対象となる電子マネーには楽天edyやnanaco、モバイルsuica、SMART ICOCA等様々な種類があります。edyのチャージをして1.2%のポイントが付くカードというのは他ではなかなかありませんよね。電子マネー派の方ならばかなりお得にポイントを貯めることができるかと思います。(執筆者:曽我部 三代)

リクルートカードのポイントは「ポンパレモール」と「ホットペッパーグルメ」で使うのがお得!

 ポイント還元率が高いカードといえば、やはりリクルートカードですよね。リクルートカードのポイント還元率は通常のカードでも1.2%、そしてリクルートカードプラスならばなんと2.0%なのです。

 ただいくらポイントを貯めても、活用することができなければ意味がありませんよね。実はリクルートカードを使って貯めたポイントは、その活用法次第でとってもお得になるんです!!

 リクルートでは「ポンパレモール」というインターネットショッピングモールを運営しているのですが(楽天市場みたいなものですね)、ここでは、リクルートカードで貯めたポイントを使ってお買い物をすることができます。しかもポンパレモールは、ポイントで購入をしてもポイントが貯まります!! ポイントで買ってポイントを貯めることができるとは、とってもお得ですよね。

 またリクルートカードを使って貯めたポイントは、ホットペッパーグルメにおいてお食事券として利用することも可能です。これは、カードで貯めたポイントを現金化できるサービスであるといっても過言ではありませんよね。

 リクルートでは様々なサービスが提供されていますので、同じポンパレモールやホットペッパーグルメといったサービスを利用することによって、貯まったポイントをお得に活用しましょう。(執筆者:曽我部 三代)

リクルートカードなら公共料金の支払いがお得になる

 電気代やガス代、電話代といった公共料金は、生活をしている限り毎月必ず発生してきます。そしてこれら公共料金の支払いですが、多くの方が、銀行引き落としにしていることと思います。しかしそれ、実はとてももったいないことなのです!!

 というのも公共料金をクレジットカードで支払えば、利用金額に応じてポイントを貯めていくことができます。買い物をするというわけではなくただ単に生活をしているだけでポイントが貯まっていくというのは、非常にありがたいですよね。

 ただし、クレジットカードであれば何でもいいのかというと、そういうわけではありません。せっかくカードで公共料金の支払いをするのであれば、効率よくポイントを貯めることができるカードでなければ意味がないのです。

 そこでおすすめしたいのが、「リクルートカード」です。というのもリクルートカードはポイント還元率が1.2パーセントとかなり高く、例えば年間利用額が50万円であった場合、なんと6,000ポイントも貯めることができるのです

 ちなみにリクルートカードは、ホットペッパーやポンパレといったリクルートのサービスを利用すると、ポイント還元率が最大3パーセントとなります

 効率よくポイントを貯めることができるリクルートカード。メインのカードとして持つというのも“あり”かもしれませんね。(執筆者:曽我部 三代)

ポイント還元率が高いお得なクレジットカードとは(利用金額別)

 クレジットカード最大の魅力といえば、やはりそれぞれの会社が提供しているポイントサービスでしょう。そして同じ額の決済をするのであれば、少しでも多くポイントがたまるクレジットカードを使いたいところですよね。

 では、ポイント還元率が高いクレジットカードにはどういったものがあるのでしょうか。ここでは、ポイント還元率が高いクレジットカードについてご紹介させていただきます。

 ポイント還元率が高いクレジットカードには以下のようなものがあります。

・楽天カード 還元率1%
・リクルートカード 還元率1.2%
・レックスカードライト 還元率1.25%

 そして上記のカードは、年会費無料で利用することができます。

 また年会費はかかってしまいますがさらに還元率が高いカードには、

・レックスカード 還元率1.75%(年会費2,500円、初年度は無料、年間50万円以上利用で次年度も無料)
・リーダーズカード 還元率1.8%パーセント(年会費2,500円、初年度は無料、年間50万円以上利用で次年度も無料)
・リクルートカードプラス還元率2%(年会費2,000円)

 等があります。

 そしてこれらの情報をもとにポイント還元率が高いクレジットカードについて分析すると、年間28万円以下の利用であればレックスカードが、29万円以上49万円以下の利用であればリクルートカードプラスが、50万円以上の利用であればリーダーズカードがお得ということになります。(執筆者:曾我部 三代)