タグ別アーカイブ: ラウンジ

JR東日本グループ初のゴールドカード「ビューゴールドプラスカード」誕生!

首都圏に住んでいる人にとって、山手線や京浜東北線、中央線など都心の大動脈となっているJRは欠かせない存在。そんなJRユーザーにとっては、ビューカードも欠かせない存在ですが、このたび「ビューゴールドプラスカード」というカードがデビューしたのです。

JR東日本グループ初ゴールドカード

意外かもしれませんが、これまでJR東日本グループではゴールドカードの発行がありませんでした。

気になるカードの基本情報ですが、年会費が税抜1万円で、家族会員は1枚目が無料、2枚目以降は税抜3000円の年会費が発生します。搭載される国際クレジットカードは、JCBのみです。

JR東日本といえば、電子マネー「Suica」も外せませんが、ビューゴールドプラスカードを使ってSuicaにチャージをすると、1000円チャージごとに15円相当のポイントが付与されます。定期券機能もしっかりとついており、定期券情報はカードの裏面に記載してあります。定期券購入でポイントが3倍となるのもうれしいですね。

特典がすごい

さすがゴールドカードだけありまして、各種特典は他の追随を許しません。

入会特典として、「紀ノ国屋デリカテッセン詰め合わせ」や「新幹線・特急グリーン券2枚+普通列車グリーン券2枚」など、8コースから好きなコースを選んでいただけます。この入会特典は、年間100万円以上利用すれば翌年以降も選べます。

優待特典としましては、全国のJR東日本ホテルズの宿泊基本料金から最大で2割引きなどもあります。駅でよく見かける「ベックスコーヒーショップ」では、コーヒーのサイズアップも無料でできます。空港のラウンジサービスや手荷物の優待サービス、国内旅行傷害保険といった、旅行する人にはうれしい特典も付帯するのです。

そして、2015年7月31日まで、ビューゴールドプラスカードではキャンペーンを実施中。なんと、7000円相当のポイントが付与されるんです。(執筆者:角野 達仁)

ゴールドカードの特典使ってますか? 財布の肥やしになってませんか?

北陸新幹線が金沢まで開通して、都心部の金沢ツアーが大人気のようです。金沢の兼六園は来客数が2割増しで、旅館も大人気のようです。

しかし、以前から羽田から北陸へ空の便を飛ばしてきた航空勢は苦戦を強いられているようです。ANAは、割引運賃で新幹線の指定席を下回る運賃にしているようですが、効果は薄いようで、羽田小松便は3割から4割客数減のようです。

ただ、ゴールドカードホルダーは貴重な空港ラウンジの利用機会が失われます。ゴールドカードの特典は盛り沢山ですが、使える機会が少ないので使わないともったいないです。

ゴールドカードを選ぶ際のポイントとして、一番に挙がるのが空港ラウンジです。国内の主要空港にはほとんど設置されており、旅行の楽しみの一つにしている人も少なくないでしょう。コンサートや高級レストランの優先予約も注目度が高いようですが、使う人は多くありません

ゴールドカードの中には、ポイント優遇をすることで、ある程度以上の利用をすれば年会費相当額を事実上負担していることもあります。しかし、タカシマヤカードのように外部店舗でも1%の還元率を提供しているゴールドカードは多くありません。

アメリカンエキスプレスは、世界的な信用力を誇るステイタスカードの名門ですが、日本国内で利用するのはちょっと不便です。グルメ派には魅力満載のダイナーズカードも、都心部在住でない限りその魅力を使い尽くすことはできません。

海外旅行をほとんどせず、普通に生活している程度の人であれば、ピーワンカードのように気軽に1%の還元率があるカードの方が気も楽ですし、年会費も必要ありません。にも関わらず、年会費を支払ってゴールドカードホルダーでいる理由は何でしょうか?

ゴールドカードは年会費を支払っているだけでは意味がありません。特典を使わないともったいないです。使っていないなら一般カードにした方が賢明です。見栄だけのために年間1万円以上の年会費を支払って財布の肥やしにしているのは無駄です。(執筆者:山本 真一)

ステイタスだけじゃない こんなに魅力的なゴールドカードのサービス4つ

 財布の中できらりと輝くクレジットカード、それはゴールドカードです。かつては高嶺の花だったゴールドカードも、今ではずいぶんと手が届くようになりました。しかし、ゴールドカードを持っていると様々なサービスがあるのは事実です。

空港ラウンジが使える

 ゴールドカードの代表的なサービスといえば、国内主要空港のラウンジが無料で使用できることです。国際空港の場合には、出国審査をする前のエリアにラウンジはあります。ソフトドリンクは飲み放題、快適なソファーに新聞や雑誌など、出発前のひと時を優雅に過ごしていただけます。

専用のデスク

 クレジットカード会社によっては、ゴールドカードの会員専用のデスクを設置しているところもあります。旅先で演劇鑑賞をしたい場合や有名レストランで食事をしたい場合など、デスクに相談をするとチケットの手配やレストランの予約をしてくれます。まるで、自分専用のコンシェルジュがついたかのようです。

旅行傷害保険

 ノーマルカードでも旅行傷害保険が付帯しているケースは増えてきていますが、あまりその補償は手厚くありません。しかし、ゴールドカードに付帯している旅行傷害保険であれば、国内、国外でも対応しており、補償される金額もノーマルカードのゆうに2倍はあります。ノーマルカードではカードを使わないと保険が付帯されないケースもありますが、ゴールドカードでは旅行傷害保険はほとんど自動付帯です。

医療相談サービス

 あまり知られていないサービスですが、ゴールドカードの会員になると、「医療無料電話相談サービス」が受けられるカードも多いものです。クレジットカード各社とも、24時間体制で相談を受け付けていますので、「お子さんが夜に急に熱を出してしまった」といった急を要するときでも対応可能です。

 それ以外にも、「最近からだの調子がいまいちだ」というような文字通りの健康相談をしても構いませんし、介護保険について知りたいときなどにも使える、安心かつ充実のサービスです。(執筆者:角野 達仁)

ディズニーリゾートを遊び倒すなら「JCBザ・クラス」 ラウンジ利用や優先搭乗サービスも

 日本有数の人気テーマパークといえば、「東京ディズニーリゾート」ですね。パーク内には「ディズニーランド」、そして「ディズニーシー」の2つのエリアに分かれており、とても1日では回りきれません。おまけに、お客さんもかなりいますので人気アトラクションは行列覚悟です。そんなとき、「JCBザ・クラス」というクレジットカードを持っていれば、ディズニーリゾートでの滞在がより快適となります。


「JCBザ・クラス」

スポンサーラウンジで快適な滞在を

 ディズニーリゾートのアトラクションには、一部で「スポンサーラウンジ」が設置されています。ちなみに、JCBがスポンサーとなっているアトラクションは、ディズニーランドでは「キャプテンEO」、そしてディズニーシーでは「ストームライダー」です。

 ディズニーランドは楽しいテーマパークですので、ついつい楽しみすぎて疲れてしまうこともあります。そんなとき、「JCB THE CLASS」を持っていれば、スポンサーラウンジで休憩をすることができるのです。スポンサーラウンジの中では、ソフトドリンクが飲み放題ですので、特に夏のディズニーリゾートにはおすすめですね。

 また、ラウンジを経由してJCBがスポンサーとなっているアトラクションに乗ろうとすると、優先搭乗のサービスを受けることができ、運がよければ待ち時間なしでアトラクションを体験できるのです。混雑時には2時間、3時間待ちも当たり前なディズニーリゾートで、このサービスはとてもうれしいですね。

年1のカタログギフトでパークチケット(入園券)をゲット

 他にも「JCB THE CLASS」ならば、年1回送られて来るカタログギフトがあるのですが、その品物の中になんと「ディズニーリゾートのパークチケット4枚組み」があるのです。
25000円相当する品物ですので、とってもお得ですね。

 年会費が50000円程度する「JCB THE CLASS」ですが、これだけでも年会費の半分相当にもなります。他にも、優待プランでスイートルームを予約すると、有料ガイドを確実に利用できます。有料ガイドを利用すれば、指定のアトラクションをファストパスで利用できるなど、多くの利点があるのです。

 ディズニーをとことん遊びたおしたいなら、「JCB THE CLASS」は欠かせません。

「デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」でゆとりの旅を

 旅慣れた海外旅行客は、出発の2時間前には空港に到着をして空港ラウンジを利用します。出発までのひと時をくつろぐためです。通常、航空会社のラウンジを利用するためには、頻繁にその航空会社を利用したり、ファーストクラスなどの上級クラスに搭乗しなければなりません。しかし、「デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」を持っていればそんな心配もありません。

入会しただけでスカイマイルの「ゴールドメダリオン」ゲット

 このクレジットカードを持っていれば、入会しただけでスカイマイルの「ゴールドメダリオン」の資格をゲットすることができます。通常、ゴールドメダリオンの資格を手に入れるためには、頻繁に航空会社を利用しなければならないのですが、このクレジットカードならば年会費の30000円弱を支払うだけで、簡単に資格をゲットできます。

 資格をゲットすれば、デルタ航空のラウンジはもちろんのこと、スカイチームという航空連合が運営している「スカイチームラウンジ」を利用することが可能です。合計すると世界で490ヶ所以上はありますので、海外旅行に行けばほぼお世話になれますね。

優先チェックイン&荷物引き取りも可能

 デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの特典はそれだけでなく、スピーディーな手続きをすることができます。チェックインをするとき、航空会社のカウンターに長蛇の列があっても気にする必要はありません。デルタ航空を利用するときには、優先チェックインのエリアが設定されており、そこで並ぶことなくチェックインをすることができるのですから。

 ラウンジでのひと時のあと、機内に優先的に招き入れてもらえるサービスもあります。手荷物の収納もこれで余裕で行うことができるのです。さらに、飛行機から降りたあとも優先サービスがあります。飛行機から降りたあとも、飛行機に預けた荷物を引き取らないと先には進めません。しかしこのカードを持っていれば、優先的に荷物を飛行機から降ろしてもらえるので、すぐに次の行動に進めます。

 ゆとりと時間、旅行に必要なこの2つを「デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」ならゲットできます。

「デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」でゆとりの旅を

 旅慣れた海外旅行客は、出発の2時間前には空港に到着をして空港ラウンジを利用します。出発までのひと時をくつろぐためです。通常、航空会社のラウンジを利用するためには、頻繁にその航空会社を利用したり、ファーストクラスなどの上級クラスに搭乗しなければなりません。しかし、「デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」を持っていればそんな心配もありません。

入会しただけでスカイマイルの「ゴールドメダリオン」ゲット

 このクレジットカードを持っていれば、入会しただけでスカイマイルの「ゴールドメダリオン」の資格をゲットすることができます。通常、ゴールドメダリオンの資格を手に入れるためには、頻繁に航空会社を利用しなければならないのですが、このクレジットカードならば年会費の30000円弱を支払うだけで、簡単に資格をゲットできます。

 資格をゲットすれば、デルタ航空のラウンジはもちろんのこと、スカイチームという航空連合が運営している「スカイチームラウンジ」を利用することが可能です。合計すると世界で490ヶ所以上はありますので、海外旅行に行けばほぼお世話になれますね。

優先チェックイン&荷物引き取りも可能

 デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの特典はそれだけでなく、スピーディーな手続きをすることができます。チェックインをするとき、航空会社のカウンターに長蛇の列があっても気にする必要はありません。デルタ航空を利用するときには、優先チェックインのエリアが設定されており、そこで並ぶことなくチェックインをすることができるのですから。

 ラウンジでのひと時のあと、機内に優先的に招き入れてもらえるサービスもあります。手荷物の収納もこれで余裕で行うことができるのです。さらに、飛行機から降りたあとも優先サービスがあります。飛行機から降りたあとも、飛行機に預けた荷物を引き取らないと先には進めません。しかしこのカードを持っていれば、優先的に荷物を飛行機から降ろしてもらえるので、すぐに次の行動に進めます。

 ゆとりと時間、旅行に必要なこの2つを「デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」ならゲットできます。

海外旅行に行くならJCBカード 「JCBプラザ・プラザラウンジ」が便利過ぎる!

 海外旅行に行くならば、クレジットカードは欠かせません。万が一現金を盗まれたときでも、クレジットカードがあれば現地の銀行ATMでキャッシングすることができます。海外でレンタカーを利用する際には、クレジットカードがほぼ必須です。特に、日本人にとって便利なクレジットカードといえば、「JCBカード」でしょう。

世界60か所にある「JCBプラザ」

 JCBでは、世界合計60ヶ所に「JCBプラザ」という窓口を設置しているのですが、このサービスを利用できるのはJCBカードを持っている人だけです。世界60ヶ所のJCBプラザでは、現地の観光情報の提供はもちろんのこと、ホテルやレストラン、オプショナルツアーやチケットの予約もしてくれます

 言葉の問題もあり自分ではなかなか予約できない人でも、JCBプラザに任せれば安心ですね。JCBカードをなくしたり盗まれたりしたときも、JCBプラザへ駆け込めば緊急用のカードを再発行してくれます

とても便利な「JCBプラザラウンジ」

 さらに、そのうち世界の主要都市9ヶ所には、「JCBプラザラウンジ」を設置しています。

 ラウンジサービスの主なものとしては、インターネットの閲覧や無料プリント、Wi-Fiの無料提供、日本や現地の新聞に雑誌の閲覧などの情報収集が可能です。また、ドリンクサービスやマッサージ機の使用など、疲れた体を癒してくれるサービスもあります

 そして、日中に荷物を一時預かりしてくれるサービスもあります。現地到着が早くホテルのチェックインまでまだ時間があるとき、現地出発が遅くチェックアウトからまだ時間があるときなど、荷物が邪魔ですよね。そんなとき、ラウンジに荷物を置いておけばその間思う存分観光できます。

オリジナルのサービスにも期待

 それ以外にも、ラウンジによってはオリジナルのサービスを用意しているのです。

 たとえば、パリにあるJCBプラザラウンジでは、美食の都にふさわしいオリジナルサービスがあります。なんと、お得なJCBスペシャルメニューが用意されているのです。

 ただ支払いに使うだけではもったいないですね。JCBカードとその施設をとことん使い倒して、お得な海外旅行をしましょう。