タグ別アーカイブ: マイル

スカイマイル提携クレカでLCCフライトでもマイルをためてお得に使おう!

最近の国内旅行でシェアを拡大し続けているのが、LCC(格安航空会社)です。LCCの最大かつ唯一のメリットといえば、料金が安いこと。しかし、せっかくならばLCCに乗っても運賃以外でお得をしたいですよね。

デルタ航空の「スカイマイル」は、LCCでもマイルがたまる

通常、LCCのフライトに乗ってもマイルがたまることはありません。そもそも、LCCがマイレージプログラムを提供していいないからです。

LCC自体でマイルを貯められないならば、他の航空会社のマイレージプログラムということで注目なのが、アメリカのデルタ航空。

デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」では、日本国内線であれば、1フライトで500マイルを付与してくれる「ニッポン500マイルキャンペーン」を実施中

これは、マイルをためて無料でもらった特典航空券でも、ツアーの航空券でも、さらにはLCCの航空券でも有効です。1年間で最大10フライト、5000マイル貯めることができますので、かなりの太っ腹ですね。航空券の半券を添付した申込用紙をファックスするのが少し面倒ですが、それで500マイルもらえるなら手間を惜しみません。

スカイマイルのお得な特典利用には、提携クレジットカードが必須

マイルは貯めるだけでなく、使ってこそ初めて意味を成します。スカイマイルには期限がありませんので、じっくり貯められますね。

LCCなどのフライトで貯めたマイルの使い道としてお手軽なのは、1万マイル貯めれば交換可能なJTBの1万円分国内旅行券。15000マイルあれば、スカイマークの国内線の特典航空券がもらえます。

どちらも非常に魅力的な特典ですが、両方とも特典を利用するには条件があり、「スカイマイルの上級会員」か「スカイマイルの提携クレジットカードを持っていること」のいずれかです

より現実的なのは後者で、「スカイマイルテイクオフカード」ならば初年度年会費無料で、翌年度以降も税別1500円の年会費です。もちろん、ショッピングで利用しても100円=1マイルのレートで加算されていきますので、特典により近づきますね。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカード見直しのポイント  無意味にマイルを貯めていませんか?

クレジットカードを利用する醍醐味のひとつに、「マイルを貯めることができる」というものがありますよね。皆様の中にも、カードを利用してコツコツとマイルを貯めているという方がいらっしゃるかと思います。

ところでこのマイル、ちゃんと有効活用できていますか?

ご存知の通りカードを利用して貯まったマイルは、航空チケット代に充てることができます。例えば日本・ニューヨーク間をマイルでフライトするという場合、ユナイテッド航空のマイルであれば65,000マイルで飛ぶことができますので1マイル当たりの価値は2円程度ということになります。

またANAやJALのビジネスクラスを利用して日本・ロンドン間を飛ぶという場合、通常であれば40万円程度かかるところ、85,000マイルでフライトすることができます(1マイルあたり約4~5円くらいの価値)。

そのため普段から飛行機に乗る方であればどんどんマイルを貯めていくべきなのですが、普段全く飛行機に乗らないし旅行にも出張にもいく予定がないという方の場合、マイルを貯めてもあまり意味がありません

というのも例えばマイルを電子マネーSuicaに変えようという場合、1マイル当たりの価値は1円にまで下がってしまいます。これならば、わざわざマイルを貯めなくてもポイント還元率が1%以上のカードを使った方がお得ですよね。

しかもマイルを効率よく貯めることができるJALカードやANAカードは、困ったことに年会費もかかってきます。

そこでマイルを貯めることを意識してクレジットカードを利用しているという方は、そのマイルを有効活用することができるかどうかよく考えてみることをおすすめします。(執筆者:曽我部 三代)

マイラー必見!! 効率よくマイルを貯められるカード2つ

 クレジットカードを使う最大の楽しみというと、やはりマイルを貯めることですよね。貯まったマイルを使って飛行機に乗った時のお得感は、一度味わってしまうとなかなかやめられません!! 今回は、効率よくマイルを貯めることができるカードをご紹介させていただきます。

ANA VISA Suica

 ANA派の皆様におすすめしたいのが、「ANA VISA Suica」というクレジットカードです。このカードはクレジットカードとしてはもちろん、Suicaとしても使うことができ、Suicaのチャージをすることでもポイントを貯めることができます。

 さらにこのカード、なんと、入会するだけで特典として1,000マイルが加算されるのです。また飛行機を利用した場合には区間基本マイレージに加えて10%分のボーナスマイレージも付与されますので、効率よくマイルを貯めていくことができるというわけです。

JALカードTOP & ClubQ

 JAL派の皆様におすすめしたいのは、「JALカードTOP & ClubQ」です。特に東急沿線にお住い、あるいはお勤めの方にはぜひとも持っていただきたいと思います。

 というのもこのカード、東急ストアや東急ハンズ、東急百貨店などをはじめとするTOKYUポイント加盟店においてカードを利用すると、100円につき1マイルが加算されるほか、これとは別に利用金額の0.5%から10%に当たる「TOKYUポイント」が加算されます。

 そしてこのTOKYUポイントは2000ポイントで1000マイルに交換することが可能です。つまりJALカードTOP & ClubQを利用すれば、ダブルでマイルを貯めることができるというわけですね。(執筆者:曽我部 三代)

たまに使うサブカードにオススメのカード 誕生月にポイントざくざく等

 クレジットカードを2枚持ちしている人も少なくないでしょうが、主に使うカードをメインカード、たまに使うカードをサブカードといったりします。メインカード選び以上に頭を悩ませるのがサブカードの選び方ですが、ここではおすすめのサブカードを何枚かご紹介致します。

ちょっと得したいなら「イオンカード」

 イオンカードは基本的に年会費が無料ですので、サブカードとして持っていても負担にはなりません。イオンカードのお得な点は、毎月20日と30日にはお買い物が5パーセントオフになるところでしょう。必ずしもカード決済をする必要はなく、レジの人に見せて現金決済をしても5パーセントオフになります。普段は値引きしないような商品でも対象になりますので(一部対象外商品もあります)、20日と30日は注目のカードです。

誕生月には「ライフカード」でポイントざくざく

 次に紹介するのが「ライフカード」です。還元率は0.5パーセントと、必ずしも還元率の高いカードではありません。普段は平凡なカードですが、これが誕生月になりますとスーパーマンの如くスーパーなカードに変身します。

 誕生月に限っては、還元率が2.5パーセントにジャンプアップするのです。5倍になる期間が1ヶ月間ありますので、決済のタイミングがずれて5倍にならなかったなどという心配もほぼありません。ほしい商品に目星をつけておいて、誕生月が来たらまとめ買いをすると、ポイントがざくざくたまります。

ANAマイラーなら「ソラチカカード」

 ANAマイラーならばサブカードとして忍ばせておきたいのが、「ソラチカカード」です。この場合、メインカードとして「エクストリームカード」を持っていると、ソラチカカードのサブカードの実力がいかんなく発揮されます。

 エクストリームカードからソラチカカードの「メトロポイント」に交換するためには、Gポイントを経由する必要があるのですが、Gポイントからメトロポイントへの交換レートが非常によく、還元率が平均より0.3パーセントほど高い1.35パーセントまでにアップするのです。

 以上のように、利用者のニーズやシーンによって様々なお勧めサブカードがあります。サブカード単体で実力を発揮するもの、メインカードとの組み合わせで相乗効果を得られるものなどあります。(執筆者:角野 達仁)

学生が持つべきカード 在学中入会や卒業でマイルをゲット

 最近は様々な会社で学生向けのサービスが提供されていますが、実はクレジットカードの中にも、学生向けのサービスが提供されているものがあります。せっかく学生をしているのですから、そのサービスは最大限に享受しなければもったいないですよね!? そこで今回は、学生が持つのにおすすめのカードをご紹介させていただきます。

三井住友クラシックカード

 まずは、三井住友クラシックカードについてです。こちらのカード、ポイント還元率は0.3%と特別高いわけではないのですが、その他のサービスが非常に充実しています。

 というのもこのカード、数あるクレジットカードの中でもかなり珍しいスポーツ保険」がついているのです。また海外旅行保険では最高2,000万円までの補償を受けることができるショッピング保険(90日/100万円)もあり。さらに追加年会費250円を支払えば、国内保険をつけることも可能です。

 このカードを持っていれば、安心してスノボーに行ったり、旅行に出かけたりすることができますね

ANA VISAカード(学生)

 こちらは、ANAが発行する学生向けのクレジットカードです。そしてこのカードには、在学中年会費無料や入会で1,000マイルGET、翌年以降もカードを継続すると継続マイル(1,000マイル)GET、卒業に際しては卒業マイルGET、というように、“マイラー”には非常に嬉しいサービスが提供されているのです。

 またANA VISAカードには標準でEdy機能が搭載されていて、Edyで支払いをした場合には、200円につき1マイルが貯まります。効率よくマイルを貯めたいという学生さんには、このカードを強くお勧めします。(執筆者:曽我部 三代)