タグ別アーカイブ: ポイント

クレカのポイントを使って「幸せのおすそ分け」を

クレジットカードでショッピングをするとカードのポイントが付き、そのポイントを使って様々な特典と交換をすることができます。魅力的な商品や航空会社のマイレージ、他のポイントサイトへの移行や商品券など、ポイントを特典に交換するだけで幸せになりますよね。しかしせっかくなら、その幸せをおすそ分けしてみませんか?

多くのクレカでは「寄付コース」を設定

多くのクレジットカードでは、交換可能な特典に「寄付コース」を設定しています。クレジットカードのポイントを使って、特定の団体に寄付をするというものです。

交換に必要な最低のポイント数も低めに設定されていますので、失効間近の半端なポイントがあれば、寄付コースに交換するのもいいかもしれません

JALではポイントで東北を応援

ポイントを使って寄付をするだけではない、ユニークな特典を設定しているところも少なくありません。まずはJALですが、「マイルで東北にエールを送ろう」というプロジェクトを、かつて行っていました(現在は「OISCA『子供の森』計画 in タイ チャリティ・マイル」をやっているそうです)。提携クレジットカードでもポイントがたまる「JALマイレージバンク」で、被災地の住民を対象にフライトをプレゼントするというものです。今は亡きあの人との思い出の地を巡る人、おじいちゃんおばあちゃんがいるところへ行く人など、様々な思い出づくりに貢献しました。

AFでは「国境なき医師団」のフライトに

フランスの航空会社であるエールフランス、そのマイレージプログラムである「フライングブルー」は、日本でも提携カードが発行されています。

フライングブルーのマイルをためると、その一部を「国境なき医師団」を派遣するための特典航空券として寄付ができます。貧困や飢餓、内戦などで苦しんでいる人の健康をサポートする国境なき医師団。そのサポートができれば、これほど幸せなことはありません。

WWFカード


カードそのものが寄付の要素が強いカードもあり、それが「WWFカード」です。世界最大の民間自然保護団体であるWWF。WWFカードを利用すると、その0.5%がWWFに寄付されて、地球環境や動植物の保護などに使われます。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカードは何枚持つのが一番お得?

いつの間にか財布のなかに増えているクレジットカード。減らせばいいのか、それとも複数枚で使い分けたほうが良いのか悩んでいませんか?

一体何枚持つのが一番お得なんでしょうか?

まずは、あなたの生活のなかで「一番」お金を使うもの、好きなものを考えよう!

クレジットカードのポイントは「一つのポイント」に寄せていくのが大原則です!

いつも行くスーパーではスーパーのポイントがたまるカード、洋服を買うときはそのブランドのクレジットカード、たまに乗る飛行機にはあのカードでマイルを貯めて、電車の定期券は別のカードを使って、たまに銀行のクレジットカードも使ってみたり…と、なんとなく「その時々」で適当に使ってしまっていませんか?

そういうカードのポイントは、結局あまり貯まらず有効期限が来て失効してしまうことが多いんです。なぜなら、クレジットカードは年に数千円などの少しのお買い物では、あまりポイントが貯まらないから。

年間の利用額によって優遇されたり、キャンペーンに応募しやすくなったりもするので、まずは「自分が一番貯めたい」ポイントを貯められるカードを『メインカード』として、できるだけそのクレジットカードを使うようにしましょう

たとえば「旅行が好きだからJALのマイルをためよう!」と決めた場合、メインで使うのは「JALカード」ですが、そのなかでも「東急」のスーパーをよく使うのであれば「TOP&ClubQ JMBカード」を選びます。

このカードはPASMOにチャージできる機能があるので、もちろん交通ICカードはPASMOを使うようにします。

服は丸井で10%OFFになるときに「エポスカード」を使い、たまったポイントはJALマイルに交換、さらにドコモのポイントもJALマイルに交換できるのでせっせと交換…

というように、自分の生活に一番合ったポイントを決めたら、そのポイントに交換できる商品やサービスを探し積極的に使うようにします。基本はその一枚のクレジットカードを使い倒し、サブのカードはできるだけ貯めたいポイントに「交換できるもの」を選びます。

よってクレジットカードはメインとサブ、多くても3枚に絞って使うのが吉です!(執筆者:小山 菜々恵)

知ってた? 意外なものまでクレジットカード払いにできてポイントがためられるんです!

クレジットカードをお得に使うには、なんと言っても「ポイント」をためること!

カードで支払えば支払うほど、そのカードのポイントをためることができますが、毎月そんなにたくさんのお買い物はできませんよね。

意外にも身の周りでいつもしているさまざまなお買い物、お支払いが「カード払い」にできるんです。

でも「カード払い」は手数料がかかるのでは…?と思う人が多いですが、「一括払い」の場合、ほとんどのクレジットカードで手数料がかからないのはご存知ですか?

手数料がかかるのは分割払いやリボ払い、キャッシングを使ったときなので、「一括払い」なら積極的にクレジットカードで支払うようにするとお得です。

では具体的に何を「カード払い」すれば良いでしょうか、おすすめは公共料金などの「月々のお支払い」です!

たとえば

・携帯電話代金、インターネットプロバイダ…これは常識ですね!携帯電話やプロバイダは、インターネットで支払い方法の申し込みが簡単にできるので、まずは変更してみましょう。

・電気料金、水道料金、ガス料金…公共料金も、地域や会社によりますがクレジット払いに対応しているところが増えています。「東京電力」はネット申し込みが可能です。

・医療保険…口座引き落としになっていることが多いと思いますが、ほとんどの保険会社で対応可能です。

・新聞

・家賃…物件によりますので、不動産屋さんに相談してみましょう。金額が大きいのでポイントがどんどんたまります。

・塾や習い事代…最近はカード払いができるところも増えてきています。

すべてクレジット払いに変えると月間数万円になるはずです。それだけで数百円分のポイントはたまる計算になります。

確認してみると、銀行口座からの引き落としになっているものや、毎回コンビニに支払いに行っているものなどが見つかるはずです。

ホームページからや電話で申し込めるところも多いので、ぜひクレジットカード払いに変えてみましょう。

変えられるかわからないもの(例えば習い事お月謝など)も、確認してみるとOKなことがあります。手続きが少し面倒ですが、思い切って一度変えてしまえばあとは楽です。

普段普通に支払っているものをクレジットカードで支払うように変えるだけで、ポイントがたまるので、ぜひためしてみてください。(執筆者:小山菜々恵)

使えないポイントを貯めるのはもうやめよう!!

クレジットカードを利用するメリットといえばやはり、利用額に応じてポイントが貯まること、ですよね。実際皆様の中にも、ポイント還元率が高いカードを選んで入会した、という方が多いのではないでしょうか。

もちろんポイント還元率というのはカード選びをするうえでとても重要なポイントなのですが、だからといって、ポイントならば何でもいい、というわけでもありません。

というのもポイントの中には、あまり使えない、もっと言えば、質の悪いものもあるのです。

使い道が限られているポイントはダメ

クレジットカードを使って貯まるポイントの中には、その使い道が非常に制限されているものがあります。

例えばリクルートカードですが、このカード、ポイント還元率は1.2%から2%と非常に優秀なのですが、貯まった「リクルートポイント」はポンパレモールやじゃらんnetといった、リクルート系のサービスでしか利用することができません

そのため人によっては、ポイントを貯めたはいいけれど使い道がない、何てことにもなりかねないのです。

交換単位が大きすぎるのも考えもの

次に交換単位についてですが、クレジットカードの中には、貯まったポイントの交換単位が大きいものが存在します。いくらポイント還元率が良くても、ある程度の金額を利用しなければポイントを利用することができない、というのではあまり意味がありませんよね。

有効期限も大事です!!

多くのクレジットカードには、貯まったポイントについて有効期限が設けられています。そのためクレジットカード選びをする際は、ポイントの有効期限についても必ずチェックしておきましょう。

有効期限が最低でも3年以上あるカードを選んでおけば、ゆっくりとポイントを貯めていくことができますよ。(執筆者:曽我部 三代)

ポイントモールを経由して効率よくポイントを貯めよう!

 クレジットカードを使う最大の楽しみといえばやはり、ポイントを貯めることではないでしょうか。

 クレジットカードのポイント還元率というと、1%前後が一般的ですよね。そうすると、100万円分の買い物をしたところで、1万円分のポイントしか還元されないということになります。もちろん何もポイントが付かないよりはましですが…。ポイントって、なかなか貯まらないものですよね。

 そこでおすすめしたいのが、ポイントモールです。

 最近は多くのカード会社が、会員様向けにオンラインショッピングモールを開設しています。これはいわゆる“ポイントモール”と呼ばれるものなのですが、ここを通して買い物をするだけで通常の何倍ものポイントをGETすることができるのです。

 例えばJCBカードが提供しているポイントモール「Oki Dokiランド」についてみてみましょう。このポイントモールには、楽天やYahoo!ショッピング、Amazon、ポンパレモールといった有名どころのショッピングモールが全て入っています。

 例えば楽天ですが、楽天市場で普通に買い物をすると利用金額100円につき1ポイントが加算されるだけですが、Oki Dokiランドを経由して買い物をした場合、それだけでポイントが2倍になるのです。

 ちなみにOki Dokiランドには約380店舗が入っていて、このポイントモールを経由するだけでポイントが最大20倍にまでなります。

 これならば、普通にカードを使う場合よりもかなり効率よくポイントを貯めていくことができますね。(執筆者:曽我部 三代)

ポイント有効期間が短い残念なクレジットカード

 クレジットカードを利用する楽しみの一つに、ポイントを貯める、ということがあります。ただカードの利用額があまり多くないという方の場合、なかなかポイントが貯まらず有効期限が切れてしまう、何てこともけっこうあるようです。

 利用額が大きい人であればかまいませんが利用額が少なく少しずつしかポイントが貯まっていかないという方の場合、ポイント有効期限が短いカードは絶対に避けたいところですよね。

 そこで今回は、ポイント有効期限が短いクレジットカードについてご紹介させていただきます。

オリコカード

 ポイント有効期限が短いクレジットカードの代表格ともいえるのが、オリコカードです。オリコカードの利用によって貯めたポイントの有効期限は、獲得した月から2回目に迎える誕生月までとなっています。

 このように言うと、「何だ、2年間は有効なんじゃないか」と思われますよね。しかしそれは大きな間違いです。

 例えばあなたが2月生まれだったとして、2015年の1月に100ポイントを獲得したとします。この100ポイントの有効期限は、2015年の1月から数えて2回目の誕生月となる、2016年の2月まで、つまり約1年程度しかないということなのです。

VIASOカード

 VIASOカードは、1,000円利用ごとに5ポイントが付与され、貯まったポイントはポイント1円換算で自動的にキャッシュバックされます。これだけを聞けばとても魅力的なポイントプログラムなのですが、実はこのVIASOカード、ポイントの有効期限が入会日を基準に1年間となっているのです。多くのクレジットカードがポイントの有効期限を2年以上に設定していることから考えても、やはりVIASOカードのポイント有効期限は短すぎるといえるでしょう。(執筆者:曽我部 三代)

「ポイント優待サイト」を経由してお得に買い物するには?

 インターネットショッピングをする人にとって欠かせないものといえば、クレジットカード。即時決済できるので、より早く商品を受け取ることができます。インターネットショッピングで買い物をするとき、直接そのサイトにアクセスをして買い物をしているようでしたら、それは非常にもったいないです。

ポイント優待サイト経由でインターネットショッピング

 クレジットカード各社が運営している「ポイント優待サイト」を利用しない手はありません。

 例えば、ライフカードには「L-Mall」というポイント優待サイトがあります。利用方法はとっても簡単で、L-Mallを経由してからそれぞれのショッピングサイトにアクセスをしてショッピングをするだけ。L-Mallに参加している店舗は実に400以上に及び、その中にはamazonやYahoo、楽天など大手ショッピングサイトも含まれているので、安心です。

ポイント優待サイトでさらにお得になる方法

 ただでさえお得なポイント優待サイトですが、もっとお得に利用する方法があります。

 まずは、ポイントアップを利用すること。L-Mallでは期間限定でポイントアップするサイトがあり、最大で25倍にもなるサイトもあります。その期間にショッピングをするとさらにポイントが多くたまりまよ。

 次に、オリジナルショップを利用すること。

 例えば本を買うのに、楽天ブックスを使うとポイントが3倍ですが、オリジナルショップである「ライフブックスオンライン」を利用すると、ポイントが10倍にもなるのです。

 L-Mallを経由して楽天ブックスで1万円の本を購入すると、カード決済の10ポイントに加えてL-Mallから20ポイント付与されますが、L-Mallを経由してライフブックスオンラインで1万円の本を購入すると、カード決済の10ポイントに加えてL-Mallから100ポイントから90ポイントも付与されます。1ポイントで概ね5円分の価値がありますので、70ポイント差は350円もの違いになるのです。

 そして、サイトのオリジナルコンテンツを利用すること。

 L-Mallでしたら、ビンゴゲームや検索スタンプ、視聴スタンプなどがあります。毎日L-Mallにログインして、検索したり動画を視聴するだけでスタンプがたまり、9つたまるとポイントがゲットできたりします。買い物をしなくてもポイントがたまるのです。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカード利用明細の見方 後悔しないための4つのチェックポイント

昔は、クレジットカードの利用明細は毎回郵送で送られたものでした。最近では、インターネットから利用明細を確認する人も増えてきています。しかし、紙であろうとオンラインであろうと利用明細に書かれていることはほぼ同じであり、明細の見方における注意点も同じです。

1. 身に覚えのない請求はないか

 最近、クレジットカードの不正利用による被害が増えています。クレジットカードの情報を盗み取る「スキミング」が増えているためですが、ほとんどのクレジットカードには不正利用に対する補償をしてくれますので、クレジットカードの所有者がお金を支払う義務はありません。しかし、その補償は不正利用があってから60日以内にカード会社に申請する必要があります。明細を見ずに放っておくと、不正利用を見逃す結果になりますので必ずチェックしましょう。

2. ポイントの確認

 クレジットカードを利用するとポイントがたまるカードがほとんどですが、ポイントは利用明細書にも記載されています。利用明細には、現在のポイント総数はもちろんのこと、有効期限を迎えるポイント分もしっかりと記されています。期限切れになる前にポイントをしっかりと確認しましょう

3. 限度額を確認

 クレジットカードには限度額があります。通常のショッピングで利用できる分は「ショッピング枠」、クレジットカードを使ってお金を借りることができる分は「キャッシング枠」となっています。

 ここで気をつけたいのはその記載事項の解釈であり、例えば「ショッピング枠30万円、キャッシング枠30万円」と書かれていたとしましょう。このように書かれていると「合計60万円使えるんだ」と思い込んでしまう人がいますが、それは間違いです。この場合、ショッピングとキャッシングの合計で30万円まで使えるという意味です。

4. キャンペーンをチェック

 利用明細には、その他お得情報も記載されています。「この期間にカードを利用するとポイントが多くたまる」などのキャンペーン情報や優待情報も書かれていますので、忘れずにチェックしましょう。(執筆者:角野 達仁)

「漢方スタイルクラブカード」の魅力 驚異の還元率1.75%と貴重な「請求額から直接減額」

 皆様はクレジットカードを選ぶ際、どういった点を重視しますか?

 ポイント還元率や貯まったポイントの使い道、お得な割引サービス…。など、色々な点が挙げられますよね。現金で支払うことができるにも関わらずわざわざカード決済をするからには、少しでもお得なカードを選びたいものです。

 そこでおすすめしたいのが、「漢方スタイルクラブカード」です。

 あまり聞きなれない名前であるためご存知でない方もいらっしゃるかとは思いますが、実はこの「漢方スタイルクラブカード」、他のカードとは比べ物にならないお得ポイントが沢山あるのです。

 まずはそのポイント還元率についてですが、漢方スタイルクラブカードのポイント還元率は、驚異の1.75%となっています。

 例えば10,000円の買い物をした場合、175ポイントが付与されるというわけです。

 そして漢方スタイルクラブカードを利用して貯めたポイントは、“請求額から直接減額”という形で使用することができます。商品券と交換したり1ポイント○円として買い物に利用できたり、といったポイントサービスはよくありますが、カードの請求額から直接減額することができるポイントサービスというのは、非常に珍しいですよね。漢方スタイルクラブカードを利用すると、全ての商品を1.75%割引で購入することができるというわけです

 また漢方スタイルクラブカードには、ANAマイルと1.03%で交換することができたりnanacoチャージをするとポイントが付与されたり、海外旅行保険が自動付帯されていたりというように、様々なお得ポイントがあります。
 
 漢方スタイルクラブカード。持っておいて損はない1枚と言えるでしょう。(執筆者:曽我部 三代)

たまにしかカード決済をしない。そんな方には「ポイント有効期限がないカード」がオススメです!

 クレジットカードで決済をするメリットの一つに、「ポイントが貯まる」、という点があります。クレジットカードを利用して貯めたポイントは、買い物をする際に使ったり、カード会社所定の商品やサービスと交換したりすることができます。そのため皆様の中にも、「ポイントが貯まるから…」といった理由からカード決済をしている、という方が多いのではないでしょうか。

 ただこのポイントですが、多くのクレジットカードには「有効期限」が設定されています。そしてその有効期限内にポイントを消費しなければ、今までコツコツと貯めてきたポイントはその期限をもって失効してしまいます。ついうっかり有効期限のことを忘れていてせっかく貯めたポイントがゼロになってしまう…、なんてことになると悲しすぎますよね。

 しかし安心してください。

 クレジットカードの中には、ポイント有効期限が設定されていないものもあるのです。

・セゾンカードインターナショナル(年会費無料)
・UCカード(年会費1,250円+税)
・MUJIカード(年会費無料)

 これらのクレジットカードは、貯めたポイントに対する有効期限が設定されていません。そのため普段はあまりカードを使わないという方でも、マイペースでコツコツとポイントを貯めていくことができるのです。

 ポイント還元率はどれも0.5パーセントと若干低めではありますが、めったにカードを使わないためいつもポイントを失効させてしまう、といった方は、ポイント“還元率”よりもポイント“有効期限”に着目してカードを選ぶといいかもしれませんね。(執筆者:曽我部 三代)