タグ別アーカイブ: ブラックリスト

これだけはやっちゃダメ! クレカを快適に使うために覚えておきたいNG行動3つ

これだけはやっちゃダメ!クレカを快適に使うために覚えておきたいNG行動3つ

クレジットカードはとても便利なものですが、守らなければならない“ルール”というものはいくつか存在し、これを破ってしまうと、カードが使えなくなってしまったり、審査に通らなくなってしまったりすることがあります。
そこで今回は、クレジットカードを快適に使うために、やってはいけないNG行動についてご紹介します。

1. 未払い・支払い遅延

クレジットカードの審査において最も重視されるといっても過言ではないのが「個人信用情報」です。そしてこの個人信用情報に傷をつけてしまうのが、未払いや支払いの遅延なのです。引落口座にお金を入れておくのを忘れて引き落としてきていなかった、なんてことにならないよう、引落日や口座残高はしっかりと確認しておきましょう。

2. 多額の借入

カード会社は“利用限度額”や“カード発行の可否”を判断する際、申込者の支払い見込み額を算出しています。このとき、申込者に多額の借り入れがある場合、「この人には支払い能力がない」と判断され、カードが発行されなくなってしまうことがあるのです。

3. 複数社へ同時に新規申し込みをする

意外に思われる方も多いかもしれませんが、複数社への同時申し込みも、あまりおすすめできません。いくつものカード会社に同時に申し込んでいると、カード会社としては「よほどお金に困っているのかな?」と疑い、そのことをもってカードの発行を拒否されてしまうことがあるのです。

いかがでしたか?

クレジットカードを利用するためには、その人に“信用”がなければなりません。クレジットカードを快適に利用するためにも、これらのNG行動についてはぜひ覚えておいてくださいね。(執筆者:曽我部 三代)

複数のクレジットカードでメリットは無限大

クレジットカード何枚持ってますか?

1枚だけという人もいらっしゃるかもしれませんが、メリットを求めるのであれば、複数のクレジットカードを使い分けると大きなメリットがあります。

この場合、メインカードをどれにするかを明確にしておく必要があります。これをあいまいにしているとポイントのたまり具合が中途半端になります。ポイントを貯めようとするカードをメインカードにすると効率的にポイントがたまるでしょう。ドコモのIDのような電子マネーを付けることができると利用範囲が拡大します。

そして、自分がよく利用しているスーパーやショッピングセンターのクレジットカードをサブカードとして持つこともお勧めします。このハウスカードは、ポイントを狙うよりは値引きを狙った方が賢明です。イオンのお客様感謝デーのような5%OFFを狙うわけです。

ハウスカードでもポイントを稼ぐことができますが、狙うのであれば還元率がメインカードより2倍以上いい場合に限られます。そうでなければ、中途半端にポイントがたまり、交換できないまま失効してしまうことになることが多いですし、メインカードのポイント獲得効率が落ちます。

スーパーやショッピングセンターだけではなく、大手チェーン店の店舗は必ずハウスカードを発行しているのでチェックしてみるといいでしょう。また、ガソリンはよく利用するスタンドのハウスカードを作るといいでしょう。

また、メインカードにはETCカードを付けることをお勧めします。自動車を持っていない人もいるかもしれませんが、レンタカーでもETCリーダーが当然のように付いているので利用機会は少なくないはずです。

複数のクレジットカードを持っている場合は、支払日の管理も気を使う必要があります。メリットは無限大に拡大しますが、支払遅延になるとブラックリストに載らなくても自分の信用を少なからず落とします

クレジットカードの引落日は、月末と10日が多いです。全ての請求明細を毎月確認する癖を付けることが大切です。(執筆者:山本 真一)

クレジットカードの限度額を上げる際の注意点

 クレジットカードには「限度額」というものが設定されており、その限度額内であれば何度でも、自由に利用することができます。そしてこの限度額ですが、現在設定されている額から引き上げることも可能です。

 ただしクレジットカードの限度額を引き上げるにあたっては、注意しなければならない点があります。

 それは、クレジットカードは計画的に利用し、無理な利用はしない、ということです。当たり前ですが、クレジットカードの利用額は、翌月以降に支払っていかなければなりません。

 そのため限度額が上がったからといって収入に見合わない買物をしたり無計画にクレジットカードを利用したりしていると、利用額の支払いができずカードを止められてしまう、という可能性もあります

 そして支払いの遅延が何度か続くと、信用情報機関にその情報が登録されてどこでもカードを作ることができない、なんてことにもなりかねません(いわゆるブラックリスト入りですね)。

 海外旅行に行ったときに使うために限度額を上げたい、など、カードの利用目的がはっきりとしている場合には一時的に限度額を引き上げるということもできますので、カードを使いすぎてしまわないか不安という方は、一時的な限度額の引き上げをおすすめします。(執筆者:曽我部 三代)