タグ別アーカイブ: サブカード

複数のクレジットカードでメリットは無限大

クレジットカード何枚持ってますか?

1枚だけという人もいらっしゃるかもしれませんが、メリットを求めるのであれば、複数のクレジットカードを使い分けると大きなメリットがあります。

この場合、メインカードをどれにするかを明確にしておく必要があります。これをあいまいにしているとポイントのたまり具合が中途半端になります。ポイントを貯めようとするカードをメインカードにすると効率的にポイントがたまるでしょう。ドコモのIDのような電子マネーを付けることができると利用範囲が拡大します。

そして、自分がよく利用しているスーパーやショッピングセンターのクレジットカードをサブカードとして持つこともお勧めします。このハウスカードは、ポイントを狙うよりは値引きを狙った方が賢明です。イオンのお客様感謝デーのような5%OFFを狙うわけです。

ハウスカードでもポイントを稼ぐことができますが、狙うのであれば還元率がメインカードより2倍以上いい場合に限られます。そうでなければ、中途半端にポイントがたまり、交換できないまま失効してしまうことになることが多いですし、メインカードのポイント獲得効率が落ちます。

スーパーやショッピングセンターだけではなく、大手チェーン店の店舗は必ずハウスカードを発行しているのでチェックしてみるといいでしょう。また、ガソリンはよく利用するスタンドのハウスカードを作るといいでしょう。

また、メインカードにはETCカードを付けることをお勧めします。自動車を持っていない人もいるかもしれませんが、レンタカーでもETCリーダーが当然のように付いているので利用機会は少なくないはずです。

複数のクレジットカードを持っている場合は、支払日の管理も気を使う必要があります。メリットは無限大に拡大しますが、支払遅延になるとブラックリストに載らなくても自分の信用を少なからず落とします

クレジットカードの引落日は、月末と10日が多いです。全ての請求明細を毎月確認する癖を付けることが大切です。(執筆者:山本 真一)

クレジットカードは何枚持つのが一番お得?

いつの間にか財布のなかに増えているクレジットカード。減らせばいいのか、それとも複数枚で使い分けたほうが良いのか悩んでいませんか?

一体何枚持つのが一番お得なんでしょうか?

まずは、あなたの生活のなかで「一番」お金を使うもの、好きなものを考えよう!

クレジットカードのポイントは「一つのポイント」に寄せていくのが大原則です!

いつも行くスーパーではスーパーのポイントがたまるカード、洋服を買うときはそのブランドのクレジットカード、たまに乗る飛行機にはあのカードでマイルを貯めて、電車の定期券は別のカードを使って、たまに銀行のクレジットカードも使ってみたり…と、なんとなく「その時々」で適当に使ってしまっていませんか?

そういうカードのポイントは、結局あまり貯まらず有効期限が来て失効してしまうことが多いんです。なぜなら、クレジットカードは年に数千円などの少しのお買い物では、あまりポイントが貯まらないから。

年間の利用額によって優遇されたり、キャンペーンに応募しやすくなったりもするので、まずは「自分が一番貯めたい」ポイントを貯められるカードを『メインカード』として、できるだけそのクレジットカードを使うようにしましょう

たとえば「旅行が好きだからJALのマイルをためよう!」と決めた場合、メインで使うのは「JALカード」ですが、そのなかでも「東急」のスーパーをよく使うのであれば「TOP&ClubQ JMBカード」を選びます。

このカードはPASMOにチャージできる機能があるので、もちろん交通ICカードはPASMOを使うようにします。

服は丸井で10%OFFになるときに「エポスカード」を使い、たまったポイントはJALマイルに交換、さらにドコモのポイントもJALマイルに交換できるのでせっせと交換…

というように、自分の生活に一番合ったポイントを決めたら、そのポイントに交換できる商品やサービスを探し積極的に使うようにします。基本はその一枚のクレジットカードを使い倒し、サブのカードはできるだけ貯めたいポイントに「交換できるもの」を選びます。

よってクレジットカードはメインとサブ、多くても3枚に絞って使うのが吉です!(執筆者:小山 菜々恵)

たまに使うサブカードにオススメのカード 誕生月にポイントざくざく等

 クレジットカードを2枚持ちしている人も少なくないでしょうが、主に使うカードをメインカード、たまに使うカードをサブカードといったりします。メインカード選び以上に頭を悩ませるのがサブカードの選び方ですが、ここではおすすめのサブカードを何枚かご紹介致します。

ちょっと得したいなら「イオンカード」

 イオンカードは基本的に年会費が無料ですので、サブカードとして持っていても負担にはなりません。イオンカードのお得な点は、毎月20日と30日にはお買い物が5パーセントオフになるところでしょう。必ずしもカード決済をする必要はなく、レジの人に見せて現金決済をしても5パーセントオフになります。普段は値引きしないような商品でも対象になりますので(一部対象外商品もあります)、20日と30日は注目のカードです。

誕生月には「ライフカード」でポイントざくざく

 次に紹介するのが「ライフカード」です。還元率は0.5パーセントと、必ずしも還元率の高いカードではありません。普段は平凡なカードですが、これが誕生月になりますとスーパーマンの如くスーパーなカードに変身します。

 誕生月に限っては、還元率が2.5パーセントにジャンプアップするのです。5倍になる期間が1ヶ月間ありますので、決済のタイミングがずれて5倍にならなかったなどという心配もほぼありません。ほしい商品に目星をつけておいて、誕生月が来たらまとめ買いをすると、ポイントがざくざくたまります。

ANAマイラーなら「ソラチカカード」

 ANAマイラーならばサブカードとして忍ばせておきたいのが、「ソラチカカード」です。この場合、メインカードとして「エクストリームカード」を持っていると、ソラチカカードのサブカードの実力がいかんなく発揮されます。

 エクストリームカードからソラチカカードの「メトロポイント」に交換するためには、Gポイントを経由する必要があるのですが、Gポイントからメトロポイントへの交換レートが非常によく、還元率が平均より0.3パーセントほど高い1.35パーセントまでにアップするのです。

 以上のように、利用者のニーズやシーンによって様々なお勧めサブカードがあります。サブカード単体で実力を発揮するもの、メインカードとの組み合わせで相乗効果を得られるものなどあります。(執筆者:角野 達仁)

メインカードとサブカードを使い分けて最大限の恩恵を受けよう

 クレジットカードを複数枚所有するという場合、メインとして使うカードとサブとして使うカードを選ばなければなりません。どうせ複数枚のカードを持つのであれば、メインカードとサブカードを上手く使いこなすことによって、カードの恩恵を最大限に享受したいところですよね。そこでおすすめしたいのが、メインカードはポイント還元率で選び、サブカードは特典で選ぶ、という方法です。

 まずメインカードについてですが、メインカードというのは最も頻繁に使用するカードで、その利用額も当然所有しているカードの中で最も大きくなります。そのためメインカードを選ぶ際にはポイント還元率に着目し、利用する度にどれだけの金額(ポイント)が戻ってくるのかという点を重視する必要があるのです。

 これに対してサブカードというのは、メインカードに足りない部分を“補う”ためのものです。そこでサブカードを選ぶ際には、そのカードにどのような特典が付いているのかという点を重視することをおすすめします。

 普段車によく乗るという方であれば常に2円引きで給油することができるガソリンスタンドが発行しているカードをサブカードとして使うといいでしょうし、頻繁に旅行に出かけるという方であれば国内・海外旅行の補償がしっかりとしているカードをサブカードにするといいでしょう。

 普段のお買い物などではメインカードを使いつつメインカードでは足りない部分をサブカードで補うことによって、クレジットカードによる恩恵を最大限に享受することができるのです。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカードを複数持つのはお得?

 今の社会ではクレジットカードは絶対必要なものでしょう。周囲にカードを持っている人は沢山見ることが出来ると思いますし、実際に持っている方も多いでしょう。では、クレジットカードを複数枚所持している方はどれだけいるでしょうか。

 複数持つ意味はあるのか、という疑問を持つ方もいると思いますが、複数のカードを使い分けることは実はとてもお得な使い方なんです。それではクレジットカードを複数持つ人の一般的な使い分け方を考えてみましょう。

 まず始めにメインに使うカードです。これは、普段よく行くお店が加盟している会社のカードだったり、ポイントが貯まりやすいカードだったりします。つまりは、通常の使い方をするカードとなります。

 そして、そのほかにサブのカードを持ちます。これは、持っているだけでその恩恵が得られるカードがよく使われます。

 例えば各種割引や保険のサービスを受けられるなどが代表的です。もしくは、普段使いのカード会社に加盟していない店舗で買い物をする必要が出来た際に使用する、などです。

 クレジットカードに付加される特典などは会社によってそれぞれですし、この他にもお得な使い方は沢山あるでしょう。しっかりリサーチをして、自分の生活に合ったお得なカード利用を見つけていきましょう。