タグ別アーカイブ: ガソリン

「ガソリンカード」はお得と言うより使わないと損をするレベル

最近ガソリンの値段が上がってますよね。円安が進んでるから仕方ないのですが、この調子では家計に響きそうです。

ガソリンスタンドではハウスカードを発行しているのですが、お得と言うより使わないと損をすると言うレベルの値引き幅です。スタンドのある道端に出してある大看板の値段はカード利用が前提です。

大体、1リットル当たり5円ほど違いが出ていますから、1か月に100リッターとしても500円違います。最近は燃費のいい車も増えていますが、長距離を走っている人にとっては500円どころでは済まないでしょう。

スーパーなどのチラシを見て、安い店はないかと探し回っている人の中には、ガソリンでも同じことをしている人が少なくありません。ホームセンターなどの中には激安表示をしているところもありますが、結果としてガソリンスタンドのハウスカードと大差は出ません。

手っ取り早い方法は、自宅周辺のガソリンスタンドで発行しているハウスカードを全て申し込むことでしょう。日によって安売りの日がありますから、その日に給油に行けばいいのです。たいてい混み合っているので、早朝か夜に行けば空いているでしょう。

とはいえ、一番お得な方法は、自宅から一番近いスタンドのハウスカードを申し込むことです。ガソリンの値段が1リットル当たり1円違っても支払額に大差は出ませんし、ガソリンも消費しません。それより、自分の「なじみの店」を作った方が、空いている時間もわかりますし、安売り日も大体推測できます。

最近は信販会社とガソリンスタンドが提携している例が多いようですが、ハウスカードの値引率にはかないません。ハウスカードの最大の利点は、決済手数料がかからない点なので、単に提携カードだけではあまり安くすることができないのです。

あまり意識をしていない人も少なくないようですが、ガソリンカードはドライバーの必需品と言っていいほどのお得なカードです。持っていない人は、自宅近くのスタンドで申込をした方が賢明です。(執筆者:山本 真一)

法人カードで決済すると良いもの3つ それぞれのオススメカードも紹介

 法人カードは、多くの会社や個人事業主で導入が進んでいます。しかし法人カードのメリットは業務の効率化のみならず、個人向けのクレジットカードと同様に精算をすることで得をする点も見逃せません。

 そこでここでは、法人カードで決済するとよいものをいくつか紹介します。

1. 交通費

 交通費は個別に見ると大した事のない金額であっても、ちりも積もれば山となるものです。交通費は法人カードで決済するといいですが、交通費の種類によって選ぶべき法人カードも変わってきます。

 営業車を多く使う会社であれば、ガソリン元売会社が発行する法人カードがいいでしょう。ガソリン代の支出金額によってガソリン代がリッター当たり値引きになる、キャッシュバックされるなどの特典があります。

 飛行機での営業が多い方でしたら、航空会社系、あるいは航空会社と提携しているクレジットカードがお勧めです。フライトマイルに加えてボーナスマイルも付与される可能性があるからです。

2. 出張費

 地方への、あるいは東京への出張が多く出張費がかかる会社でしたら、出張に役立つ法人カードを持つべきでしょう。

 ゴールドカードクラスの法人カードであれば、国内の主要空港ラウンジを無料で利用可能な「プライオリティ・パス」が付帯していたり、旅行保険が付帯しているカードも多いもの。

 これらの場合、出張費を削るというよりは出張をよりよくするためのサービスが充実している、といったほうがよいでしょう。

3. 交際費

 レストランやゴルフ場での接待など、意外と費用がかさむのが交際費ですが、これも法人カードで支払うとお得です。

 例えば「Visaビジネスカード」限定のサービスとして、全国の厳選レストランが優待価格で予約できるサービスやゴルフ場の予約をした際のポイントの付与、ハイヤーの特別割引などがあります。

 JCB法人カード向けのサービスでは、名前と料金を記入するだけで使えるタクシーチケットもあり、会員のサインがあれば会員以外の方でも利用可能ですので、お客様の送迎にも使えます。

 法人カードを使うことで、経費節減になるのはもちろんのこと、業務の効率化やよりよいビジネスの実現も可能になります。是非、様々な支払いで法人カードを使ってみましょう。(執筆者:角野 達仁)

会社のタイプ別 法人カードの賢い選び方

 ほとんどのクレジットカード会社では、法人向けのクレジットカードを発行しています。しかし、法人の立場からするとあまりに選択肢が多すぎて、どの法人カードにすればいいのかよく分かりませんよね。そこでここでは、会社の業務内容別で見たおすすめ法人カードをご紹介致します。

車での移動が多い業務内容向け

 都会であれば、営業の移動に電車を使うこともなくはないですが、地方の企業で営業といえば車は欠かせません。製薬会社やその他多くの企業は、自社の製品を車に積んで営業活動にいそしんでいます。そんな車での営業が多い企業には、「シナジーJCB法人カード」がおすすめです。

 このクレジットカード最大の特徴は、前月の月間ショッピング利用金額に応じて、当月のエッソやモービル、ゼネラルでの給油価格が割引されるのです。一般法人カードですとリッターあたり最大で7円引き、ゴールド法人カードになりますとリッター最大10円引きになるのです。是非ゴールドカードを目指したいところですね。

起業したてで信用がほしい会社向け

 起業したてではあるが、とにかく信用がほしい会社には「JCBビジネスプラス法人カード」がおすすめです。

 このカードは、あらゆる要素で満遍なくよい点が詰まった、プロパーカードならではの充実の1枚です。毎月のカード利用額に応じて、キャッシュバックがされるのが最大の特徴。最大で、年間最大18万円もキャッシュバックされるのですから、あらゆる決済をカード払いにしたいところです。ETCカードも無料で発行されるなど、穴らしい穴が見当たりません。

世界をまたにかける業務をしている企業向け

 世界をまたに駆ける業務をこなす企業には、海外空港ラウンジが使える「プライオリティパス」がつく法人カードを選びたいもの。

 そんな法人カードの中でも、もっとも年会費が安いのが「楽天ビジネスカード」。年会費が1万円ちょっとで、普通に申し込めば4万円以上するプライオリティパスが付帯してくるのです。しかも、カード利用ごとに1%の高還元率は会社にとっても魅力的です。(執筆者:角野 達仁)

「法人カード」の魅力と選び方 自社に合ったメリットのあるカードを選ぼう

 クレジットカード会社は、個人に対してだけクレジットカードの発行業務をしているわけではありません。法人に対してもクレジットカードの発行をしており、このようなカードを「法人カード」と呼んだりします。

 法人カードを発行しているクレジットカード会社はたくさんありますので、選ぶのも大変です。ここでは、法人カードの発行元による特徴をあげることで、法人カード選びの参考になればと思います。

銀行系

 三井住友VISAカードなどがその代表ですが、法人のメインバンクとカードの発行元の銀行をそろえると、利便性の向上をはじめ取引面でメリットがあります。

信販系

 オリコカードやセゾンカードがその代表例ですが、ポイントがたまりやすいのがメリットです。たまったポイントをギフトカードに交換して、会社の備品を購入したりなんてことも出来ます。

プロパー

 JCBやアメックスなどが単独ブランドで発行しているカードです。これらの法人カードのメリットは、なんと言ってもそのブランド力の高さです。海外での信用も高いので、海外出張が多い人には快適な出張を約束できます。

ネット系

 楽天ビジネスカードなどが相当します。楽天やヤフーなど、インターネットショッピングを利用する会社には大きなメリットとなるでしょう。これらのインターネットショッピングでは、オフィスの備品や書籍、さらには航空券やホテルなども販売しておりますので、多岐に渡る出費が多い法人向きでしょう。

交通系

 JALやANA、東京メトロが発行しているクレジットカードなどです。国内外を問わずに移動が多い法人にはうってつけのカードです。移動も無駄にせず、ポイントやマイルにして後々お得な特典に交換できます。

ガソリン系

 エネオスや出光などで発行しているクレジットカードです。営業で車を使う法人にはぴったりです。ガソリン代が安くなるのはもちろんのこと、ロードサービスが充実していたりETCカードと一体となっていたりなど、会社のカーライフを強力にサポートします。

 以上のように、法人カードも発行元によって特徴が大きく異なります。会社の出費を一度見てみて、割合が多い出費に強い法人カードを選ぶと効率的です。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカードを使って、車の維持費を節約しよう!!

 車を維持するうえで最も悩ましいのが、ガソリン代ですよね。一昔前と比べて最近はガソリン代が高騰しているため、車にかかる燃料費を少しでも節約したいというのは、多くの方々の願いではないでしょうか。

 そういった方におすすめしたいのが、ガソリンやオイルの割引を受けることができるクレジットカードです。というのもクレジットカードの中には、ガソリンを販売しているところが扱っているものがあり、そういったクレジットカードを利用すると、ガソリンやオイルの割引サービスを受けられることがあるのです。

 例えば「出光カードまいどプラス」は、全国の出光SSにおいて、リッター2円から5円引きでガソリンの給油をしてもらうことができます。軽油や灯油に関してもこの割引サービスは適用されますので、冬の燃料費を節約することもできますよね。

 また「ENEOSカード」も、全国のENEOSサービスステーションにおいて、リッター2円引きでガソリンの給油をすることができます。さらにENEOSカードには無料ロードサービスもついていますので、万が一の時も安心です

 そしてここでご紹介させていただいたカードは、年会費永年無料であるというのはもちろん、出光カードまいどプラスは1000円の利用で5ポイントが、ENEOSカードは1000円の利用でポイントがたまります

 ガソリン代がお得になるうえポイントも貯まるだなんて、なんだか嬉しくなってしまいますね。(執筆者:曾我部 三代)