月別アーカイブ: 2015年4月

使えないポイントを貯めるのはもうやめよう!!

クレジットカードを利用するメリットといえばやはり、利用額に応じてポイントが貯まること、ですよね。実際皆様の中にも、ポイント還元率が高いカードを選んで入会した、という方が多いのではないでしょうか。

もちろんポイント還元率というのはカード選びをするうえでとても重要なポイントなのですが、だからといって、ポイントならば何でもいい、というわけでもありません。

というのもポイントの中には、あまり使えない、もっと言えば、質の悪いものもあるのです。

使い道が限られているポイントはダメ

クレジットカードを使って貯まるポイントの中には、その使い道が非常に制限されているものがあります。

例えばリクルートカードですが、このカード、ポイント還元率は1.2%から2%と非常に優秀なのですが、貯まった「リクルートポイント」はポンパレモールやじゃらんnetといった、リクルート系のサービスでしか利用することができません

そのため人によっては、ポイントを貯めたはいいけれど使い道がない、何てことにもなりかねないのです。

交換単位が大きすぎるのも考えもの

次に交換単位についてですが、クレジットカードの中には、貯まったポイントの交換単位が大きいものが存在します。いくらポイント還元率が良くても、ある程度の金額を利用しなければポイントを利用することができない、というのではあまり意味がありませんよね。

有効期限も大事です!!

多くのクレジットカードには、貯まったポイントについて有効期限が設けられています。そのためクレジットカード選びをする際は、ポイントの有効期限についても必ずチェックしておきましょう。

有効期限が最低でも3年以上あるカードを選んでおけば、ゆっくりとポイントを貯めていくことができますよ。(執筆者:曽我部 三代)

GWに持って出かけたいお得なカードとは

GWは何かと出費がかさむ時期ですが、それと引き換えにいい思い出が手に入るのですから、決して高い買い物ではありません。しかしせっかくならば、よりお得に楽しい思い出を手に入れたいもの。そこでここでは、GWに何かとお得になりそうなクレジットカードをご紹介致します。

5月生まれの人ならライフカード

5月生まれの人でGWにどこかお出かけする用事がある人ならば、ライフカードがおすすめです。

ライフカード最大の特徴として、誕生月はポイント5倍というサービスがあります。5月生まれであれば、GW中盤戦から後半戦にかけて対象となりますので、その間の出費は還元率2.5%のハイスペックカードに大変身

お出かけの幹事を引き受けてお支払いをカードでおまとめしてあげれば、さらにお得になりますよ。

アメックスならばエクスペディアが優待価格で

エクスペディアといえば、いまや世界一とも言われるホテル予約サイトです。エクスペディアの人気の理由は、取り扱っているホテルの軒数が多いことに加え、割引クーポンの充実があります。

アメックスのクレジットカードならば、エクスペディアのクーポンコードをいつでも入手可能です。海外ホテルであれば8%、海外のツアーならば3750円(15万円以上のツアーの場合)オフになります

ただでさえ安いエクスペディアのホテルがさらに割引になるのですから、これは見逃せません。

マスターカードは為替レートがよい

海外でクレジットカードを利用する際、外貨でのショッピングの場合にはカード会社が日本円に換算した上で、利用者に請求します。この際の換算はカード会社ごとの為替レートで決定するわけですが、5大国際ブランドの中で、平均して為替レートがよいのはマスターカードなのです。

どの地域でカードを使っても、マスターカードはほぼ1位2位のレートのよさです。

ちなみに10万円利用すると、マスターカードと最下位のカードとでは1000円以上も違ってくるのです。レートがよいだけでなく、適用される為替レート日も、他のカードと比べて利用日に近いタイミングですので計算ができます。

様々な角度からGWにお得なカードを調べてみました。賢くクレジットカードを利用して、お得によい思い出を作りましょう。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカードの見直しポイント ~キャッシュカード一体型クレジットカードって、本当にお得!?~

銀行で預金口座を作っている時、あるいは銀行での待ち時間の際、キャッシュカードと一体型になっているクレジットカードを勧められた経験はありませんか? あるいは、既にキャッシュカード一体型クレカをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

実はそのカード、お世辞にも優秀とは言えない可能性があります。

というのもいわゆる銀行系クレジットカードは、軒並みポイント還元率が低いのです。
ちょっと具体例を挙げてみますと…

・みずほマイレージクラブカード(みずほ銀行)…0.5%
・東京三菱UFJ-VISA(三菱東京UFJ銀行)…0.5%
・三井住友カード(三井住友銀行)…0.5%

という感じになっています。
これらはいわゆるメガバンクになりますが、例えば愛媛県にある伊予銀行が発行している「IYOCA」や京都銀行とJCBカードが提携して発行している「京都カードネオ」に関しても、そのポイント還元率は0.5%となっています。

ポイント還元率1%のクレジットカードが沢山あるこの時代に、ポイント還元率0.5%というのは、ちょっといただけないですよね。ちなみに銀行系カードならではのお得なサービスがあるのかというと、残念ながらそういうわけでもなさそうです。

つまり敢えて誤解を恐れないで言うならば、キャッシュカード一体型クレジットカードを持っていることによるメリットというのは、通常ならば2枚持たなければいけないカードを1枚にすることができる、ということくらいではないでしょうか。

クレジットカードの見直しをする際、銀行系のカードというのはどうしてもそのまま継続されがちですが、ポイント還元率等を考えてあまりメリットが感じられないという場合には、思い切って解約してしまうというのもいいと思いますよ。(執筆者:曽我部 三代)

GWの高速道路のお供に、「ニコス E-NEXCO pass」を

もうすぐGWです。既にGWの方もいるかもしれませんね。家族や友達と一緒に遠出する人も多いのではないでしょうか。遠出をする際に高速道路を利用する方も多いとは思いますが、GWの高速道路にはぜひ「ニコス E-NEXCO pass」をお持ちください。

専用デスクを設置

普段あまり車で遠出をしなくても、GWには久しぶりに車で遠出という人もいるでしょう。そんなとき、出先で車のトラブルに遭遇しないとも限りません。しかも、日曜日や深夜・早朝にトラブルに遭う可能性だってあります。

そんなとき「ニコス E-NEXCO pass」というクレジットカードが便利です。カード会員専用のデスクを設置しており、24時間365日対応してくれるのです。

幅広いサポート体制

「ニコス E-NEXCO pass」のサポートは四輪車に限らず、バイクも対象となっております。マイカーやセカンドカー、あるいはレンタカーや知人から借りた車でもサポートを受けられるのです。

しかも、タイヤのパンクやカギの閉じ込み、ガス欠など高速道路でありがちな車のトラブルも、30分以内で可能な作業なら無料で行ってくれます。それでも車が自力走行できない場合でも、10キロメートルまで無料でレッカーけん引をしてくれます。

そして、事故や故障で代わりの移動手段や宿泊が必要となれば、代替交通機関や宿泊施設の案内・手配もしてくれるのです。

もちろんポイントもたまります

ロードアシスタントサービスが充実しているのはうれしいですが、ポイントがしっかりたまるのもうれしいです。

ニコス E-NEXCO passのETCカードを作成し、それで高速道路に乗るとNEXCOポイントが通常の2倍、通行料金200円ごとに2ポイントたまります。

さらに、NEXCO東日本エリア内のPAやSAで、ニコス E-NEXCO passを使ってお買い物をしても、200円のお買い上げで2ポイントと通常の2倍のポイントがたまります。しかも、NEXCOポイント以外にETCマイレージもたまりますので、ダブルでお得なのです。

渋滞で気分が滅入ることも多いGWの高速道路。しかし、ロードサービスの安心とポイントがたまるうれしさがあれば、気持ちはかなりポジティブになりますね。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカード見直しのポイント ~言われるがままに作ったカード、本当に必要ですか?~

お手持ちのクレジットカードですが、皆様はどのようなきっかけでそのカードに入会しましたか?

クレジットカードの申し込みをする理由にはいろいろとあるでしょうが、意外と多いのが、「お店の人に勧誘されたから」というものです。

ふらっと入ったお店で買い物をする際、「クレジット機能付きのカードを作ればお得になりますよ」と勧誘される、例のアレですね(笑)。

もちろんそのお店の常連で割引サービスを受けることでかなり得をする、というのであれば何の問題もないのですが、そうではない場合、実は損をしている可能性があります

例えば三井アウトレットパークカードですが、このカード、三井アウトレットパーク(MOP)でお買い物をする分にはポイント還元率1%となっていますが、MOP以外での利用分に関しては、ポイント還元率が0.5%となっています。

もちろんこのカードにはMOPでの買い物がお得になったり駐車料金がお得になったりという特典がついてはいますが、0.5%というポイント還元率を見てみると、よほど頻繁にMOPに行くという方でない限り、あまりお得とは言えません

皆様の財布の中には、“すすめられるままについつい入会してしまったカード”が眠ってはいませんか? そしてそのカードは、本当にお得ですか!?

心当たりがあるという方は、ぜひ一度、そのカードのポイント還元率や割引サービスについてチェックしてみてください。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカードで国民年金保険料を納付するメリットと注意点

現在、日本は高齢化社会を通り越して「高齢社会」へ突入しています。今まで頑張ってくれたお年寄りの老後の資金として、現役世代が支払っている国民年金保険料が充てられています。

クレジットカードで国民年金を納めるには

しかし、同じ国民年金保険料を支払うのであれば、よりお得な方法で納めたいもの。

そんな人にはクレジットカードでの保険料納付がお勧めです。

クレジットカードで納付をしたい人は、日本年金機構のホームページから書類をダウンロード、印刷をして必要事項を記入して郵送する方法、そして最寄りの日本年金機構の事務所へ足を運び、そこで手続きをする方法があります。

クレジットカードで国民年金を納めるメリット

クレジットカードで国民年金保険料を納めれば、納めた分のクレジットカードのポイントが付与されます。

また、クレジットカードには、年間利用額に応じて還元率がアップしたり翌年度の年会費が無料になったりするカードもありますが、国民年金保険料は間違いなくそれに貢献してくれます。

そして、銀行引き落としと異なり払い忘れがないメリットもあります。

もし、口座にお金がない状態で銀行引き落としが来れば、残高不足で保険料の支払いができません。クレジットカードの納付の場合、カード会社が一旦お金を立て替えて日本年金機構にそのお金を支払ってくれます。その後カード会社から利用者に請求が来るので、口座に残高がなくても保険料の支払いは滞りません。

クレジットカードで国民年金を納める注意点

しかし、デメリットや注意点もあります。

まず、銀行引き落としのほうがお得な場合があるということです。

国民年金ではお得な前納制度がありますが、銀行引き落としであれば2年前納が可能なのに対して、クレジットカードは1年前納までしか出来ません。2年前納は毎月納付と比べて年間7500円程度お得なのに対して、クレジットカードの1年前納は年間3300円程度のお得にしかなりません。

また、クレジットカードにはリボ払いや分割払いという便利な機能がありますが、国民年金の保険料には使えません。

お年寄りの生活を支えるためには現役世代の納付が重要ですので、お得な方法で納付をして納付率を上げるようにしましょう。(執筆者:角野 達仁)

楽天カードの意外な魅力 「カード利用速報メール」

 今回は、私がメインカードとして利用している楽天カードのことをご紹介させていただきたいと思います。

 私が楽天カードをメインカードに選んでいる一番の理由はやはり、ポイントがどんどん貯まっていく、という点にあります。というのも楽天カードのポイント還元率は最低でも1%で、キャンペーン等を上手く利用すれば3%にまで引き上げることができるのです。

 私の場合、楽天市場での買い物はもちろん、普段の買い物やガソリンスタンドの利用代金、家賃や公共料金の支払いなど、その全てに楽天カードを利用していますので、毎月1,000ポイントから1,500ポイント程度が自然に貯まっていきます。他のカードでこれだけのポイントを貯めようと思うと、なかなか大変ですよね。

 ちなみに私はカードを利用して貯めたポイントを使って2か月に1回、楽天市場で愛犬のフードを購入しています。支払いにカードを利用するだけでフード代が無料になるなんて、かなりお得ですよね。

 また楽天カードは、カードを利用する度に「カード利用速報メール」が送られてきます。皆様の中には知らない間にクレジットカードが悪用されてしまうのではないかと不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

 この点、楽天カードであればカードを利用した段階ですぐにメールが送られてくるため、万が一不正利用の被害に遭ったとしてもすぐに気付き、被害を最小限に抑えることができるというわけです。

 とってもお得であるうえにセキュリティ面においても安心な楽天カード、皆様も是非お持ちになってみてはいかがでしょうか(執筆者:曽我部 三代)

ふるさと納税をクレジットカード決済する際の注意点

 最近、マスメディアを騒がせている言葉のひとつに「ふるさと納税」があります。すでに納税したことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

ふるさと納税とは何か

「ふるさと納税」とは、任意の自治体に寄付をすることでそのほ全額が住民税から控除される仕組みのことです。

納税と銘打ってはいますが、実情は「寄付」に他なりません。「任意の自治体」は別に自分に縁もゆかりもない自治体だって構いません。

そして、住民税控除と並ぶふるさと納税のもうひとつのメリットは、寄付をした自治体からの「お礼の品」。近年「お礼の品」がエスカレートしており、行政から待ったがかかるほどの過熱ぶりです。お礼の品の値段を考えると、ふるさと納税したことでかえって得をした、なんて人もいるようです。

ふるさと納税はクレジットカード決済が可能

そんなふるさと納税、様々な決済方法がありますが、やはりクレジットカード決済を外すわけにはいきません。
クレジットカード決済にすれば、24時間リアルタイムで決済が可能ですし、もちろんクレジットカードのポイントだってつきます。
つまりふるさと納税をクレジットカード決済にすれば、「住民税控除」「お礼の品」「カードのポイント」と一粒で三度おいしいのです。

ふるさと納税をクレジットカード決済する際の注意点

それならば、自分もふるさと納税をクレジットカードで決済しようと考えるでしょうが、注意点もあります。

まず、全自治体でクレジットカード決済を受け付けているわけではありません。「ふるさとチョイス」や「Yahoo!公金払い」というサイトではクレジットカード決済を推奨しているものの、特に市区町村では1割以下の導入率です。

もうひとつ、住民税控除を受けたい人名義のクレジットカードで決済をすることです。

ふるさと納税がお得なのは、住民税の控除が受けられるからでもあり、住民税を支払っていない専業主婦や学生などでは、ふるさと納税をしても住民税の控除を受けられません。住民税の控除を受ける人と決済をする人は同一名義人でなければなりません。

その他にも、申込書を送ってから決済する、年に1回しかお礼の品がもらえない、確定申告をする、寄付金に上限金額があるなど、決済方法に関らず注意点があります。しっかりと確認をした上でふるさと納税をしましょう。(執筆者:角野 達仁)

クレジットカードの限度額引き上げを成功させるコツ

 一時的にせよそうでないにせよクレジットカードの限度額を引き上げたいという場合、カード会社に対してその旨を申し込む必要があります。そしてカード会社による審査に通って初めて、カードの限度額が引き上げられることになります。

 では、カードの限度額引き上げを成功させるには、どうすればいいのでしょうか?

カードの利用実績を作っておく

 限度額引き上げの可否を判断するにあたっては、その人にどのくらいの信用があるのかということが重要になってきます。そしてその“信用”の判断において重要なポイントとなるのが、カードの利用実績なのです。

 考えてみれば、カードの利用実績がほとんどないという人からいきなり限度額増額の申し込みをされると、カード会社としてもかなり警戒してしまいますよね。カード会社によっても異なりますが、半年程度、遅延は不正利用といったトラブルを起こすことなくカードを利用していれば、限度額の引き上げに成功しやすくなるようですよ。

使っていないカードは解約しておく

 限度額引き上げを成功させるには、使っていないカードを解約しておく、というのもおすすめです。

 というのもクレジットカードというのはただ単に所有しているだけで総与信がマイナスされてしまうことがあるのです。特にキャッシング枠がついているクレジットカードは要注意ですので、使っていないカードがあるという場合には、予め解約しておくようにしましょう。(執筆者:曽我部 三代)

クレジットカードを使ってお得に北陸旅行をしよう 期間限定キャンペーンも紹介

 今、日本で最も注目を集めている観光地といえば北陸ですが、その理由はもちろん、2015年3月14日に開業した北陸新幹線です。北陸新幹線を使って北陸に行こうと考えている人も多いでしょうが、どうせならばよりお得に北陸の旅をしたいものです。

びゅう国内旅行商品を利用する

 新幹線とホテルを別々に予約してもいいのですが、どうせならば交通機関と宿がセットになった「びゅう国内商品」を利用しましょう。これを「ビューカード」で決済すると、通常は1000円利用で2ポイントなのが、1000円利用で6ポイントと3倍もの「ビューサンクスポイント」がもらえるのです。

 2015年4月24日までに宿泊をすれば、抽選で800ポイントがあたるキャンペーンも実施しています。

えきねっとを利用する

 びゅう国内旅行商品を購入するのであれば、「えきねっと」の利用がおすすめです。「えきねっと」とはJR東日本が運営するサイトなのですが、ここでビューカードで決済をして商品を購入すると、「ビューサンクスポイント」だけでなく「えきねっとポイント」も二重取りできます

 えきねっとを利用さえすれば、JR東日本以外のJRの指定席権購入でもえきねっとポイントが付与されます。

 しかも、えきねっとに関しては2つのキャンペーンが実施中で、「通常の2倍のえきねっとポイントがたまるキャンペーン」と「えきねっとポイントやモバイルSuicaチャージ3000円分が当たるキャンペーン」です。

 どちらのキャンペーンも2015年4月23日乗車分までです。

交通系ICを利用する

 JR東日本でこれ以外にポイントがたまる手段といえば交通系ICの「Suicaポイント」です。

 しかし北陸エリアはJR東日本ではなくJR西日本の管轄で、交通系ICも「ICOCA」なのでSuicaポイントはためにくいです。

 しかし現在、金沢から長野の駅ナカ店舗で1000円以上の買い物をSuicaかICOCAで決済すると、「オリジナルあぶらとり紙」がプレゼントされます。2015年5月10日までで、景品がなくなり次第終了です。

 もし4月中に時間に余裕がある人は、このキャンペーンを大いに活用して北陸の旅をよいお得にエンジョイしませんか。(執筆者:角野 達仁)